きれいな声を出す方法。
  「のど」ではなく「お腹」から

 春は人前で話をする機会が増える季節。きれいに声を出すことができると印象が良くなることは勿論、コミュニケーションに自身が持てます。今回は劇団四季を参考にきれいに声を出す方法を紹介します。

★呼吸法

声はお腹から出すのが基本。腹式呼吸でお腹から声が出るようにします。
@ ヘソ〜2〜3p下の丹田に重心をおき、息をすーっと吐ききる。

A 胴がビア樽のように膨らむイメージで思い切り息をすい、2秒停止。

B 口からゆっくり吐ききる。

★フレージング法
 原稿を読むときは区切れを意識して棒読みにならないように。強調したいところなど「聴かせど ころ」をふまえて流れを考えます。

★母音法
 五つの母音をきちんと発音できるときれいな日本語になります。鏡で口の形を確認。劇団四季の俳優 はあごが外れるほど大きく口を開けて練習するそうですよ。
 大きなあくびで喉や口が大きく広がった瞬間が理想敵なフォーム。

◎ 口の形だけならどこでも練習できるので、来たる
 晴れ舞台に向けて練習してみては。


バックナンバー