美しいつめを目指そう

 小さいけれど意外と人目にふれるのが 「つめ」。 つめは皮膚の一部が変化したもので、皮膚の角質層やお髪と同じケラチンというタンパク質、そのほか水分や脂肪を含んでいます。そのため乾燥する冬は、皮膚と同じでつめに含まれている水分も減り、割れやすくなります。また、洗剤や除光液も、つめの脂肪分を奪うので乾燥の原因になります。
 淡いピンク色のツヤのある美しいつめを作るには、食事とつめのケアが大切です。食事ではつめの成分を作るアミノ酸のほか、血行をよく鉄分やカルシュウムを含む食品をとりましょう。そして、つめ専用のクリームやオイルをマーサージしながらぬりこむと、指先全体の保温、血行促進効果があります。
 美しいつめも髪や肌と同じで、日々の心がけから生まれます。いつもきれいな指先でありたいですね。(ハンドクリームでもOK)
バックナンバー