寒くて寒くてなかなか起きられない……。冬の朝は寝起きがつらく、ついつい布団の中で丸くなってしまいがち。体の芯から冷えるこの季節、体を丸めてしまうのはなぜでしょうか。それは冷気にあたる部分を減らそうとする本能が働くからだそうです。でも、いつまでも丸まっていられません。朝は気持ちよくスッキリ起きたいですね。
 寒い朝でもシャッキとスッキリ起きられる簡単お目覚め法を紹介します。
交感神経刺激でおめざめ カプサイシンでおめざめ
 体を活動モードに切り替える交感神経を、ロックや勇壮な音楽で刺激します。ラジカセなどのタイマーをめざまし時計の代わりにセットして気分が高まる音楽を流すと、シャキッと起きられます。  唐辛子に多く含まれるカプサイシンは、めざめを早くする効果があります。また、毛細血管の血液循環をよくするので全身ポッカポッカに、夕食に大根やニンジンなど体を温める根菜類を入れたキムチ鍋を食べればぐっすり眠れ、翌朝はスッキリおめざめ。
update  2005年1月
バックナンバー