季節はさわやかな初夏。太陽と大地の恵みをいっぱいに受けた新緑が風に吹かれ、空にはかわいい小鳥たちの歌声がこだまする……。

 本当に気持ちのいい季節になりました。休日はお弁当を持って森林浴に出かけませんか?
森の中に溢れる香りの元はフィトンチッドという物質で、この香りは自律神経に作用し、気持ちを落ち着かせたり、集中力を高める効果があります。深く吸い込んで体の隅々まで香りを行き渡らせてください。また、小川のせせらぎや虫の声、木漏れ日や鮮やかな葉の緑などの森の光景を全身で感じ取ることでストレスが軽減し、血圧が安定し、免疫細胞の働きが活発になるそうです。
森の中を歩く時はゆっくりと大またで周囲の景色を楽しみながら歩いてください。

 フィトンチッドが多く発散されるのは晴れた日の午前11時頃で、雨上がりなら、さらに発散量が増えます。新緑を楽しみたい方はもちろん、最近お疲れ気味の方、5月病でやる気が出ないという方も森の中へリフレッシュしに出かけてみては?
(2005年5月)
バックナンバー