健康保険組合の解散や統廃合により、健康保険証の変更が増えています。また、平成の大合併は峠を越えましたが、現在も市町村の合併が続いています。
保険証に変更があった場合は必ずご提示ください。
 会社などで働いている方が、仕事中や通勤途中にケガをした場合は、健康保険ではなく労災保険で治療を受けるのが原則です。労災保険は労働者の保護を目的としていますので、窓口負担なしで治療が受けられます。負傷の状況などを詳しくお申し出ください。
 柔道整復療養費の保険取り扱いには、患者さんの自筆署名が必要です。手のケガなどで自筆署名ができない場合は押印又は拇印でも結構です。
(update 2006年5月)
バックナンバー