当社の社是である「健康の増進と文化の向上は幸福の源である」に基づいて、様々な「文化活動」を展開しています。
その一つとして
「福山紫香の集い」が主催している古典文学の粋(すい)「源氏物語講座」を全面的に支援しています。
◆講座概要  源氏物語は、書かれて千年。なお読者を引きつけてやまない魅力を持ち続けています。
源氏物語には、永遠に変わることのない人間の情の様々のありようが、見事な表現と一体になって綴られています。
そんな源氏物語を、一回1巻(全54巻)というペースで、原文を丁寧に味読しながら、楽しく読み解いていきます。
◆日  時 毎月第一木曜日 午後2時〜4時 (2005年4月7日から開講しています)
◆場  所 福山福寿会館 大広間 (福山市丸之内1丁目8番9号) рO84-923-1516
◆費  用 1講座 3,000円 (入会金不要、その都度納めて下さい)
◆主  催 「福山紫香の集い」 
    連絡先 岡田園 福山市宝町3-9  рO84-922-0144   Fax.084-925-7605
◆講  師
<Profile>
講師名 福嶋 昭治(ふくしま しょうじ)
平安時代文学、とりわけ源氏物語と枕草子を専攻。
また藤原道長の日記『御堂関白記』の注釈研究も継続。
朝日カルチャーセンター京都教室及び神戸教室で「源氏物語の講座」を、よみうり千里文化センターでは「枕草子の講座」を担当するなど市民対象の古典講読を各地で進めておられます。
また、古典教材のマルチメディア化と、インターネットを利用した
eイー)ラーンニングの実践にも取り組まれておられます。
現 職 園田学園女子大学 国際文化学部教授
福井県武生市源氏物語アカデミー参与
茨城市民文化フォーラム代表
経 歴 1948(昭和23)年生まれ
1971(昭和46)年3月 大阪大学文学部国文科卒業
1975(昭和50)年3月 大阪大学大学院文学研究科修士課程修了
専 攻 国文学 平安時代文学(特に源氏物語と枕草子)
著 書 『御堂関白記全注釈』(既刊7冊、継続出版中)
『源氏物語五十四帖を歩く』
『光源氏が見た京都』など(いずれも共著)
【講座風景】
講義中の福島先生…
源氏物語講座の講義光景   ↑ マウスオン
 講座は毎回熱心な参加者が集う中で、和気あいあいのうちに進められている。
福島先生の講義はその道の第一人者であるだけに判りやすく、奥が深い。人間に対する思いやりのある挿話が参加者の心を捉え、源氏物語の内容と相まって、独特の雰囲気を醸し出している。
福山紫香の集い・連絡先・岡田園
このページのトップへ
源氏物語ゆかりの宇治を訪ねる旅
福山紫香の集い
源氏物語を原文で読む「源氏物語講座」を開いている「福山紫香の集い」では
標記の旅を企画しています。
事務局 福山市宝町3−9 岡田園内、月原光子さん主宰
電  話 084−922−0144
日  時 H.19.4.14(土)
企  画 「源氏物語ゆかりの地を訪ねて」
源氏物語五十四帖のうちの最後の十帖となる「宇治十帖」の舞台、京都府宇治市を訪ねる。
講  師 福嶋昭治教授  園田学園女子大学 (兵庫県尼崎市)
見学地 宇治橋、橋寺、橋姫神社、平等院、宇治神社、宇治上神社、源氏物語ミュージアム
集合場所 JR京都駅在来線8番・9乗り場(奈良線用ホーム)の西側 (奈良へ向かう電車の一番後)
時  間 午前10時5分発の奈良行電車乗車。
福山から 午前8時25分発(のぞみ4号)をご利用されると良い
参加費 7,000円(参観料、昼食代、資料代など含む)
終  了 午後5時頃京都駅で解散
通常の「源氏物語講座」のご案内
日  時 毎月第1金曜日
時  間 午後 2時から4時
場  所 福山福寿会館(福山市丸之内)
受講料 3,000円(1講座) このページのトップへ