びんご 古城散策・田口義之

■半坂山城と近藤左衛門尉
                                     (福山市草戸町) 〈122〉

 旧銭取橋(現在草戸大橋) 芦田川は東と西にわかれている。  
 中山城跡より福山市街地を眺望

 最近、数ヶ月に一度の割合で草戸町の「川西地区」の史跡を訪ねている。
 草戸町はここ120年で大きく変貌した。昭和初年まで、芦田川は本庄青木が端で二股に分かれ、その中州に草戸の人々の農地があった。ところが、大正末期からの河川改修工事で芦田川は一本に統合され、中州は河川敷となった。結果、草戸は川の東と西に大きく分かれ、本来の「村」であった川の西側地区は「川西」と呼ばれるようになった。
 昨今の歴史ブームで、川西地区の人々も、自分たちの町を見直そう、という機運が起こり、「草戸川西街道」(仮称)という住民グループが立ち上がり、歴史の案内人として私が呼ばれた。ここに足しげく通うことになった理由だ。
 歩いてみると、古くからの土地であるだけに、そこかしこに中世の息吹を見つけることが出来た。何しろ有名な「草戸千軒町遺跡」の隣接地だ。一木一草にも歴史が宿っている感じだ。
 中でも、旧街道の探索は興味深いものだった。今は堤防上の県道を車が地響きを立てて通り過ぎるのみだが、古い町並みに入ると、近世以来の古い道路が生活路として今も使われている。
 旧道を通ると、今は失われた景観が頭の中によみがえってくる。旧銭取橋(現草戸大橋)を渡った街道は「大鳥越」を越えて半坂の谷に出、更に向かいの谷に入り、長和の志田原から峠の「かんかん石」を越えて旧山田村(熊野町)に通じていた。

 中山城跡へ上る石段

 中世の山城もこの旧道に沿って点々と残っている。「大鳥越」を見下ろすようにそびえているのが以前紹介した中山城だ。そして、半坂から志田原に向かう旧道が山に入る直前の尾根突端に築かれていたのが半坂山城であった。
 今回の探索で、旧道が志田原の山に入る少し西で、半坂山城主であった近藤左衛門尉の墓石を見学することが出来た。確かに中世にさかのぼる石塔で、今まで歴史の闇の中で霞んでいた近藤左衛門尉が急に目の前に現れたような、新鮮な感動を覚えた。
 半坂山城は、志田原から北に伸びた丘陵が半坂の谷になだれ込む幾筋かの尾根の一つを利用して築かれた山城であった。
 残念ながら、城跡の大部分は土取工事や道路の建設で破壊され、東に一段下がって築かれた曲輪の一部が民家の敷地として残っているのみだ。
 城跡の面影は、昭和二十年代に撮影されたと推定される写真によって偲ぶことが出来る。
 写真は明王院裏山の通称山岳公園の南端の山頂から撮影したと考えられる白黒写真で、中央やや右手(西より)に在りし日の半坂山城跡が写っている。
 東西100㍍余りの小さな丘で、山頂が平らに均され、径40㍍ほどの平坦地となっている。其の左に一段下がって今も民家の建つ平坦地が確認できる、二の曲輪の跡だろう。
 半坂山城は、古写真によって往時が確認できる稀有な例だが、城主近藤左衛門尉については、墓石が残っているのみで詳しいことは不明だ。長和庄内で興亡を繰り返した在地武士の一人であったのであろう。詳しい研究はこれからだ。
 城跡の面影は、昭和二十年代に撮影されたと推定される写真によって偲ぶことが出来る。
 写真は明王院裏山の通称山岳公園の南端の山頂から撮影したと考えられる白黒写真で、中央やや右手(西より)に在りし日の半坂山城跡が写っている。
 東西100㍍余りの小さな丘で、山頂が平らに均され、径40㍍ほどの平坦地となっている。其の左に一段下がって今も民家の建つ平坦地が確認できる、二の曲輪の跡だろう。
 半坂山城は、古写真によって往時が確認できる稀有な例だが、城主近藤左衛門尉については、墓石が残っているのみで詳しいことは不明だ。長和庄内で興亡を繰り返した在地武士の一人であったのであろう。詳しい研究はこれからだ。

 昭和20年代の半坂山城跡



備陽史探訪の会
バックナンバー HOME クラブTOPへ ▲PageTop 地図はこちらから