びんご 古城散策・田口義之

■利鎌山城と福田氏 (福山市芦田町福田)        〈067〉

利鎌山城(とかやましろ)跡

利鎌山(とかやま)城跡を望む。のどかな風景です。

福性院本堂

利鎌山城の菩提寺・福性院(真言宗)。福性院本堂(築200年前に建替えられた本堂)

大鳥居

利鎌山城の麓に鎮座している亀山八幡神社。明治33年に建替えられた大鳥居。

この城跡をはじめて訪ねた時の感動は今でもはっきり覚えている。それは1978年の3月のことだ。友人と二人で、この城に登った。当時既に山は荒れていて道らしい道はなかった。東北の麓から尾根道を登って行くと、2条の堀切に出くわした。城内に入ったしるしだ。ここから尾根上は階段状に削平されて曲輪となっている。一、二、三……、数えていくと十一段。これでも相当な規模だが、この城の場合、ここはまだ城域の外れにしか当たらない。この曲輪群を越えると、立ちはだかる様な絶壁、しかも左右が深い竪堀となっている。城が廃城となって400年後の今日でさえ登坂は容易でない、城壁が堅固に維持されていた戦国時代、この胸壁は多くの血を吸ったはずだ。驚いたのはここだけではなかった。やっとの思いで攀じ登った我々の眼前には、さらに4条もの堀切が前途をさえぎっているではないか…。
 あとから分ったことだが、実は、この4条の堀切から内側が「城内」と言って良い、城の中枢部分であった。

亀山八幡神社の境内より福田の集落を望む

亀山八幡神社の境内より福田の集落を望む

神社本殿の三方は立派な絵馬で飾ってあります。

神社本殿の三方は立派な絵馬で飾ってあります。

二重塔

本堂と同じ時期に建てられた二重塔
(200年以前の建物)

鐘 楼

鐘 楼

城の要部は、ほぼ真ん中に築かれた堀切を中心にして東西に二分できる。
 西側の一際高くそびえているのが、所謂「本丸」だ。標高206.6bを測る最高所には東西60b幅30bに達する曲輪があり、さらに東に2段の腰曲輪が築かれている。真ん中の堀切から東の部分が後世で言う「二の丸」だろう。城内で最も広い曲輪で、東西70bに及び、居住スペースとして十分な広さを持っている。最初の踏査では分らなかったが、後の詳細な調査で、この曲輪の西端、堀切際には10b四方の「櫓台」があることが判明した。
 これだけでも十分人目を引く山城遺跡だが、さらに驚いたのは、本丸背後の尾根続きに設けられた迷路のような掘切と、曲輪群の周囲に築かれた「畝状竪堀群」だ。
 本丸西側に2条に渡って築かれた堀切は、両端が「枝分かれ」して、「迷路」状になっている。初めて訪ねた時、そこは雑木に覆われ、中に入った私は、一瞬、方向を見失ってしまった。
 「畝状竪堀群」は、東西の堀切群から連続して4条から10条に渡って築かれていた。いずれも廃城後400年の今日でもはっきり残り、今でも人を寄せ付けない。
 さらに、その後の調査で、城の曲輪は本丸から北に伸びた尾根上と、二の丸東北で枝分かれした尾根上にも連続して築かれ、それらを含めると、城の遺構は東西300b、南北300bに及び、曲輪37箇所、堀切16本、竪堀22本を数えることが判明した。
 これは正に福山市内では最大級の山城遺跡である。城の規模と城主の権勢は比例するのが普通である。とすると、城主福田氏の勢力もまた市域有数を誇っていたはずだ。福山地方の戦国史を語る時、利鎌山城と福田氏の存在は避けて通れない。

(地元の人から聞いた話)
今から50年前は城山の中心に大きな大きな松の木が有り、山へ山菜を採りに行かれていたそうです。城跡の近くに池があり、そこへ大蛇が水をのみに出ていたそうです。叉白蛇もいたそうです。今は松の木は枯れてしまい、山へ行くことは難しいとのことです。

協賛企業 株式会社 中国バス きもの工芸西陣
(株)福山臨床検査センター 神辺スポーツセンター

備陽史探訪の会 313eクラブ 協賛広告・会員募集
バックナンバー HOME クラブTOPへ ▲PageTop 地図はこちらから