びんご 古城散策・田口義之

■草戸中山城と渡邊氏 (福山市草戸町)         〈036〉

中山城跡

草戸町草戸大橋より中山城跡を望む。

草戸中山城と渡邊氏
 草戸大橋の西詰に、高さ50bほどの小山がある。明王院裏山から南に伸びた尾根の突端で、「鳥越」という切り通しによって分断され、独立丘となっている。これが草戸中山城跡だ。麓から徒歩10分、登山口は、切り通しの南にあり、市内では気軽に散策できる山城跡のひとつだ。

草戸稲荷神社本殿全景 明王院五重の塔

草戸稲荷神社本殿全景

明王院五重の塔

右側に石段

芦田川草戸大橋のたもとの集落のところ、山側に入る小道を進むと急な坂道となります。しばらく登ると写真のように、右側に石段があります。

城主は渡辺氏と伝わっている。最近写本が発見された「渡邊先祖覚書」によると、渡辺氏はもともと越前(福井県)の武士であったが、渡辺高(たかし)の代に草戸に来た。それも正式に地頭や守護としてではない。逃亡者として来たのだ。
 高は幼少で父を亡くした。渡辺家の家督は叔父が代行した。この叔父は、高が成長してくると、高を亡き者にして、渡辺家を乗っ取ろうとした。高は叔父を討ち、国を捨てた。京都の悲田院に高の親類「かしよき」がいた。高は「かしよき」を頼り、「かしよき」が悲田院領長和庄の「庄主(代官)」として草戸に下向した時、連れられて備後草戸にやってきた。応永年間(一三九四〜一四二八)のことという。成長して立派な青年武士となった高は、「かしよき」の尽力で、長和寺家分五〇貫の代官となり、守護所に出仕して、当時の備後守護代犬橋満泰の被官となった。
 高が草戸に流れてきた頃は、草戸千軒の全盛期であった。今、県立歴史博物館の常設展示場に、当時の様子を復元した一角があるが、高もこうした環境の中で成人したはずだ。

左側の山へ 山道

そこから更に10メートルぐらいの所に民家があり、家の横を左側の山へ登ります。山道は普通の道。歩きやすい。

頂上 本丸の跡

頂上は丸い地形で本丸の跡らしき姿です。

初代高、二代兼、三代家と順調に勢力を拡大していった渡辺氏も三代家の代に滅亡の危機を迎えた。家が主君と仰いだ備後守護山名是豊は応仁の乱で敗北し、家も草戸から逃走した。
 だが、三代の歳月は渡辺氏にとって無駄ではなかった。高の赦免運動をしてくれた親類もいて、許されて草戸に帰ってきた。文明九年(一四七七)のことだ。
 かろうじて草戸の「土居」を安堵された渡辺氏は、高の子越中守兼の代に飛躍の時を迎えた。兼は戦乱を巧みに乗り切り、やがて沼隈郡山田(熊野町)に進出して本拠を移した。兼が新たに築いた城が以前紹介した「一乗山城」である。
 草戸中山城跡は、ほんの小さな山城跡である。山頂の本丸は百坪ほどの面積しかない。だが、「渡辺先祖覚書」という稀有な史料が語る城主渡辺氏の歴史はまことにドラマティックである。各地に残る山城跡には、それぞれ秘められた歴史がある。私は、それら打ち捨てられ、忘れられた山城の歴史を、この連載で少しでも解き明かしたいと思っている。

石段の所 神社

芦田川の麓から城山へ登る途中にある石段の所。登り詰めると神社があります。
十三番神と書いてあり神棚には青々とした榊をお供えしてありました。

神社から中山城跡を眺める 市街地

神社から中山城跡を眺める。芦田川と草戸大橋、そして市街地が見えます。

草戸の明王院

草戸の明王院は中山城の北に位置し草戸稲荷神社と並び住民に親しまれている

協賛企業 福山臨床検査センター 株式会社 中国バス
中国ランドリー 社会福祉法人 みどりの町

備陽史探訪の会 313eクラブ 協賛広告・会員募集
バックナンバー HOME クラブTOPへ ▲PageTop 地図はこちらから