びんご 古城散策・田口義之
■ 牛の皮城跡・丸山城跡(尾道市御調町大町・丸門田)〈027〉
牛の皮城跡
牛の皮城跡遠望(御調町大町)
丸山城跡
丸山城跡遠望(御調町丸門田)

御調の山城 T

 山に囲まれた尾道市御調町は山城跡の多いところだ。中でも丸山、雲雀(ひばり)、牛の皮の三城は良く遺構を残し、戦国期の典型的な山城といえる。上里氏の丸山城(丸門田)は山城というより館城で、平野に孤立した小山を段々に削平して城としている。石垣も部分的に残り、麓には土居の跡もはっきり残っている。市の雲雀城は要衝「市」の集落を見下ろす急峻な山頂に築かれ、規模こそ小さいがはっきり遺構をとどめ、東麓の本照寺には城主池上氏の墓石も残っている。森光氏の居城と伝わる大町の牛の皮城はもっとも大規模で、先年一部が発掘され、畝状竪堀群が出土した。そして、これらの城主、上里、池上、森光の諸氏は三吉一族であったという。
菩提寺・福成寺 牛の皮城二の丸跡
牛の皮城主の菩提寺・福成寺

福成寺より前方に牛の皮城二の丸跡を望む
現在は工事の為,山は削られている。あの上が二の丸城跡。山の後側を登る。
二の丸城跡 高架道工事のため削られている
二の丸城跡は高架道工事のため削られて残り少なくなっていました。
頂上から北西を見渡す 工事中の現場
頂上から北西を見渡すと広い郷が見渡せます。
工事中の現場。急斜面です。

 三吉氏は『芸藩通志』によると、平安時代の「三蹟」で有名な大納言藤原行成の子孫と伝え、鎌倉時代以来、三次市畠敷町の比叡尾山城に居城し、備北の一大豪族として威を振った。三吉氏の本拠は先述のように備北である。その三吉一族が何故、この備南、御調の地に山城を構えたのか…。伝えによると、上里氏は明応二年(一四九三)五月、三次から丸門田の地に移り、丸山城を築いた。又、雲雀城主池上氏もその初代丹後守が市村に来住したのは明応年間だという。(『御調の文化財』)
城の守り神社
二の丸跡に祀っていた艮神社分祠と、金毘羅神社を道路工事の為、麓へ移動し現在祀られています。城の守り神社。
金毘羅神社 艮神社
新艮、金比羅神社の鳥居
新艮、金比羅神社から見た城山
艮神社 艮神社本殿
牛の皮城の艮神社の本殿が大蔵にあります。
艮神社本殿

 明応年間といえば、当時、備後の守護大名であった山名氏が、政豊、俊豊の親子の間で守護の座をめぐって激しく争った時代だ。有名な山名宗全の跡を継いだ政豊は、文明末年から播磨国に攻め入り赤松氏と戦っていたが、長享二年(一四八八)、播州坂本で大敗を喫し、無理矢理隠居させられ、その跡は嫡子俊豊が継いだ。ところが、明応二年、時の管領細川改元によるクーデター(明応の政変)が勃発すると、政豊は細川政元と結び俊豊を守護の座からひきずり下そうと画策した。俊豊は同年三月、京都から但馬(父政豊の本拠)に馳せ下り、父政豊と数年間にわたって合戦をくりかえした。しかし、結局は政豊方が勝利した。明応八年(一四九九)、政豊が死去すると、跡目は俊豊の弟致豊が相続し、俊豊は行方知れずとなった。この「明応の争乱」は備後が戦乱の時代に突入したことを示す特筆すべき事件だが、三吉氏一族の御調入部にも大いに関係がある。(御調の山城 Uにつづく)
(次回は御調三城の内雲雀城跡をご紹介します)
標識 丸山城跡
城跡の標識
丸山城跡のこんもりとした山
萩八幡神社
丸山城跡の正面にある萩八幡神社の大鳥居。
記念碑 祠
丸山城跡上り口に記念碑があります。
頂上に祀られている祠
本丸跡 櫻の木
本丸跡は細長く広い地形。東西に三つの郭の跡、櫻の木が沢山ありました。
頂上から街道を遠望する つくばい
頂上から街道を遠望する
つくばいもあり品格を感じました。
地図はこちら
協賛企業 株式会社 中国バス 社会福祉法人 みどりの町
果実の森公園 オンラインショップ 上杉本店

備陽史探訪の会 313eクラブ 協賛広告・会員募集
バックナンバー HOME クラブTOPへ ▲PageTop