第23回     水野勝成の遺したもの (23)

  
 茅の輪神事と備後三祇園

沼名前神社の茅の輪

 六月三十日、夏越(なご)しの大祓として沼名前神社で茅の輪くぐりの神事が行なわた。茅の輪を八の字にくぐって、正月から六月までの半年間の罪や穢れを祓うものだ。
 今や全国各地で行なわれる行事であるが、実は「蘇民将来茅の輪くぐり」伝承の発祥はここ備後である。
 備後風土記によれば、「武塔神(スサノオノミコト)が旅の途中宿を求めたが、 裕福な弟巨旦将来はそれを拒み、貧しい兄蘇民将来は一夜の宿を提供した。後に再びそこを通った武塔神は蘇民将来とその娘らの腰に茅の輪をつけさせ、 弟たちは宿を貸さなかったという理由で皆殺しにしてしまった。 武塔神は今後疫病が流行る時は、 蘇民将来の子孫と云い、茅の輪を腰に着けた人は疫病か免れられると言って立ち去った」という逸文が残されている。
 須佐之男命を祭神とする祇園社は備後には百数十を超える。備後の三祇園として有名なのが、戸手の天王社、鞆の祇園宮(沼名前神社)、甲奴郡小童の須佐神社である。なかでも鞆祇園社は福山藩主水野氏の尊崇を厚く受けた神社である。

 燃え落ちた三六〇年の伝承

沼名前神社本殿

 現在、沼名前神社は、大綿津見命と須佐之男命を祭神としているが、もともと須佐之男命を祀った祇園社は関町に鎮座しており、天長年間に後地麻の谷へ遷座。渡守の辻に鎮座していた渡守社(祭神大綿津見命)は慶長四年に焼失した時祇園社と並べて再建され、貞享二年に現在の場所へ遷座された。
 その後、明治の神仏毀釈令により、境内社渡守社の御祭神を本社内へ遷し、祇園神は相殿に遷され、祇園社の号は廃されてしまった。しかし地元では今なお鞆のぎおんさんとして親しまれている。
 水野時代には寛永二年(1625)に勝重が鳥居寄進、寛永十年(1634)勝貞の母清春院が神輿三体寄進、慶安元年(1648)には勝成が神殿再建、慶安四年(1651)勝貞が石灯籠寄進、承応二年(1653)勝俊夫人が本殿を修造するなど、水野家との関わりは深い。
 貞享二年(1685)に造営された渡守社の本殿は今なお優美な意匠と江戸時代初期の風格をとどめている。
 また、鳥居は肥前鳥居と呼ばれる珍しい形の石鳥居で県の重文指定となっている。上部の笠木の先端が丸味を帯びてそり上がり、その上に鳥が止まっているように見える鳥衾(とりぶすま)といわれるものである、細身で高いこの鳥居は華麗な姿を誇っている。
 拝殿前にある勝貞寄進の石燈篭は、祖父勝成重病と聞き、病気平癒を祈願して奉納したものと言われている。市の重文指定である。
 水野勝成が慶安元年に造営した本殿は、江戸、明治、大正、昭和を通して修理を施し伝承されてきた。しかし昭和五十年、火事により焼失。三六〇年の間かけられてきた人の手間と心を想うと、痛惜の念に耐えない。

   

備陽史探訪の会
バックナンバー HOME クラブTOPへ ▲PageTop 地図はこちらから