府中市と皇山町にまたがる「八田原ダム」、備後一の巨大な水瓶です。自然の中にある人造の建築物ですが、「自然との共生」をテーマに掲げています(^O^)
トンネルを抜けたら標識がありました。左に行くと「八田原ダム」のようです(^-^)良い道路なのに、車は殆ど見かけませんでした(^^;「もったいない」(^O^)
トンネルを抜けたら…「雪国」ではなく(^O^)、山と、広い道路と、高い空…「はじめまして(^-^)」の光景です
3つ目の「八田原トンネル」を抜けた… 低い山なみは中国山地の特長です(^-^)しばし立ち止まり周りの景色を楽しむ…
まだ風化するほどの年月が経過していません(^O^) いつもの(^O^)付近案内図 ムシトリナデシコの小群生がお出迎え(^O^)
立派な石碑が…(^^; 付近案内図 マウスオン ムシトリナデシコ
公園とモニュメントがやたらと多い…(^^; 自然との共生を謳っているが… 水の不足したクズの花ですが、う〜ん「キレイ!(^O^)」
自然との調和… マウスオン 「共生」の石碑… マウスオン クズの花…きれい(^-^)↑ マウスオン
見学時間が9:00〜16:00ということで、時間がくれば門は閉められてしまいます Gate(門)の傍の案内板。見学は9:00〜16:00と書いてありました
何箇所かGate(門)が…4時までしか見学はできない(^^; ダム周辺案内図
<戻る>
芦田湖
芦田湖の眺め…管理事務所横から
山々に囲まれた芦田湖…眺めはとても良い〜入り口ゲート付近で撮りました
見学時間が9:00〜16:00ということで、時間がくれば門は閉められてしまいます 見学時間が9:00〜16:00ということで、時間がくれば門は閉められてしまいます
マウスオン    穏かでキレイな湖面ですね  マウスオン  噴水が上がっていました ↑マウスオン
水位70数%の湖面と、台風後97%に回復した湖面 管理棟(中央)とダム(右手)と台風後の水位 対岸に見える橋です
<戻る>
遊学館
この日の貯水率は70%…台風がきたので、100%になっているかも…(・・?)

「遊学館」


ダムを見学に来た人たちに解りやすいようにと
施設は作られたのだろうが…
誰も見学などしていませんでした(^^;

器具は壊れたまま…、説明も今一つ…
もっと有効な使い方があるのでは…


← マウスオン
<戻る>
ダム
放水路がある側から見たダムです。
芦田湖側から見た八田原ダムです。左は管理棟(国土省の事務所になっています) ↑ マウスオン
放水路の先の方にゴルフ場が見えました。 見学の人が何人かおられました(^-^)
放水路 ↑ マウスオン 放水路 上から見た下の広場マウスオン
ダムの上の通路のレリーフ この下にも地下通路があって水の流れる音がしていましたが…立ち入り禁止なので入れません(^^;写真にも収められませんでした。エレベーター内の案内板 入り口の向こうに見学の人の姿が…
ダム上の通路面 マウスオン ここは地下3階  ↑マウスオン 通路はひんやりしていますマウスオン
地下通路に流れ出た水の中に石灰分が混じっているのが確認できる やっぱり巨大な感じがしますね。
水漏れを計量するメーター 地下通路面 ダムに上がる階段…(・・?)…マウスオン
放水をしている写真〜案内板より
放水時の写真(案内板より) ↑マウスオン
この下の入り口はゴルフ場から繋がっている。ゴルフ場のパーキングに車を置いて散策もできる(^O^)
下から見上げるとかなり大きい…マウスオン 下のエレベータへの出入り口…マウスオン
<戻る>
夢の山水
並んで水を汲む人々
夢の山水の由来が書かれています 自動的に流れています。 たくさんの人がたくさんの容器を持って列をなして待っています(^^;
由来の書かれた立て札 竹筒の先から自動的にお水が出てきています。取水口は2箇所…
「夢の山水」
 この水は八田原ダム建設の際、「福塩線」付替えトンネル工事のために掘られた「斜坑」と呼ばれる
作業用トンネル(長さ300b・高低差60b)の底から湧き出ているそうです。
水質検査をしたところ、飲料水としての水質基準に適合したばかりではなく、「おいしい水」の要件をすべて満たしていることが判明しました。
見学時間の9時から14時の間、無料で利用できるそうです。(と立て札に書いてあります)本当に「おいしい!」と評判のようで、近隣の方のみでなく、遠くから来られた方が順番を待っておられました。
「八田原ダム」と木文字が書いてあるのです ここまで降りればよく見えますよ\(^O^)/ 流水のモニュメント
木文字… ↑ マウスオン ダム〔右)の見える公園マウスオン 流水のモニュメント↑ マウスオン
石碑には「山高く 水長し」と揮毫してありました… ここまで降りればよく見えますよ\(^O^)/ ここまで降りればよく見えますよ\(^O^)/
やたら石碑が多い公園 下の公園から見えるダム 山肌も見えます(^O^)
<戻る>
お糸大明神
赤い夢吊橋と取水管理塔
取水管理塔 なかよくお散歩…という感じかな…(^O^) 湖面に架かる橋
赤い夢吊橋」を歩いて散策するご夫婦のようでした…
↑ マウスオン

「夢吊橋」

芦田湖の上に歩いて渡る吊り橋が
架けてあり、渡りながら、ダムを見る
ことができます。
湖との調和は、きれいです。
↓ マウスオン
ヨウシュヤマゴボウの花…かわいいでしょ(^-^)
「コマツナギ」これは自然のものではなく、植栽されたものです
↑ マウスオン

コマツナギが植えられていました。
花茎が長いので、先日(服部大池)
見たものとは明らかに違います。
どうやら日本のものではなさそうです。

ヨウシュヤマゴボウが小さい株なのに
小さなかわいい実をつけていました。
ノブドウがたくさん実をつけて
いましたが、まだ熟してはいません。

ノブドウは熟しても食べられませんが
観賞用には良いかもしれません。

もう一度行って熟した実を
撮ってきたいと思います。
↓ マウスオン
これは、「キレハノブドウ」かも…(・・?)
<戻る>
小さな岩が散りばめられていました。ただそれだけで、流れがやさしく感じました   ↑ マウスオン
フジ棚がありました。フジの季節に来て見たいと思いました(^-^)
【せせらぎ公園】
大自然を利用した、遊具など何もない公園ですが、子どもたちが悦びそうな「せせらぎ」があります。この川に流れ込む水は、芦田湖へと注がれています。
川遊び・ジョギング・草花を見つけながらの散策…などいくらでも遊びを創れそうな気がしました。

日がな一日、小さな子どもたちを放っておくと楽しそうだ…と思いましたが、わが家にはもうここで喜ぶような小さな子がおりませんので、とても残念です(^^;私個人はとても悦びましたけどね(^O^)
マメ科の植物が目立ちました。秋ですね。 
フジの季節にはきれいでしょうね(^-^) ↑ マウスオン
アレチヌスビトハギ、マメ科です。
マメアサガオです(^-^)
アキノノゲシ ↑ マウスオン
豊かな自然
メドハギも初めて見ました(^O^)〜マメ科です
メドハギ ↑ マウスオン
ヤハズソウ、マメ科です。
アレチヌスビトハギ  ヤハズソウ 
多分…ユウガギクですね(・・?)キク科は難しい…(^^; てんとう虫とおもしろい顔をしたバッタ(^O^)
ユウガギク…(・・?) てんとう虫 ↑ マウスオン
目には形も見えないほど小さな2_程度の花ですが、こんな形をしているのですね。名前を知ったばかりです(^^; おそらく「ヘビイチゴ」ですね
キツネノマゴ ↑ マウスオン お馴染みノイチゴ(^O^)↑ マウスオン
ヒヨドリバナがたくさん咲いていました
水の流れのためのトンネルです。
川からの水が入ってせせらぎの中を流れて、芦田湖へと…注がれていきます
ヒヨドリバナ…
オオニシキソウ、初めて見た…と思うのですが、案外見ても気づかないで過ごしていたかもしれません(^^;
オオニシキソウ  
犬を放して遊ばせている人がいました。子どもも犬も同じです(^O^)広い場所でのびのびと遊ばさせてやりたいものです。
青々とした広〜い公園です。自然の草花が結構ありました(^-^) ↑ マウスオン
<戻る>