ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は 「第11回 天領上下ひなまつり」 を取材しました。~

日 時 平成28年2月20日(土)~3月21日(月)
でご市 平成28年3月5・6日 手作り市 3月19・20日
場 所 府中市上下町上下(白壁の町並み)上下町商店街
                             <294>

上下商店街町並み
 歴史的な街並みのなかで時代を繋ぐ多くのひな人形が展示されています。
 期間中、デコ市を3月5日(土)・6日(日)。手作り市を3月19日(土)・20日(日)に行われます。期間中の土日には普段公開されていない「翁座」の公開もされます。
 さて、上下町は元禄13年(1700)幕府の直轄地(天領)備後・備中を支配する代官所が設置されてから著しく栄えたと言います。当時このわずかな地域に金融(金貸し)業者が33軒もあったと言います。石見銀山があったことも無関係ではないでしょう。商店街には民家・豪商・財閥の屋敷・倉など、当時(江戸末期から明治)の植物(松)なども残されており、歴史の古さを感じさせてくれています。現在も旧家が多く、街並みは当時の面影を残しています。
 おひな様も昔からのものが多く大切に倉に眠っていました。それをひな祭りに一挙公開して、皆様を楽しませてくれています。「アッ」と驚くおひな様の数に圧倒されます。
市町人形のおひな様 上下人形・三次人形(土人形)
 上下画廊の展示場  ホールいっぱいに展示してあります。会場の中心に「享保雛」これを囲んで天井まで届くほどのおひな様。
 デコ市に出る「三吉人形」「上下人形」全国から集められたひな人形の数々。
 すばらしい人形です。ゆっくりとご鑑賞下さい。
 そして、上下文化資料館にも沢山のおひな様が展示してあります。
上下文化資料館(民話の里)旧岡田邸 
 翁山城跡の麓で「ひなまつり」を町民こぞって開催されることに敬意を表しエールを贈りたいと思います。益々のご発展をお祈りいたします
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー