ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は 「尾道べっちゃー祭り」 を取材しました。~

■「尾道ベッチャー祭」
  日 時 平成27年11月3日(火)80;00~18.00
  場 所 尾道駅界隈市内一円         <287>

ベッチャーの横断幕
商店街に練り歩きが入りました。ベッチャーの横断幕で歓迎。

 べっちゃー祭りとは

 尾道べっちゃー祭りは、尾道市民族文化財に指定されている奇祭りで、毎年11月1・2・3日に行われ、3日には 「ベタ」 「ショーキー」 「ソバ」 の面を付けた氏子たちと獅子が、神輿とともに市の中心街を練り歩く。子どもを見つけると追い回し、手にした 「ささら」 や「祝棒」でたたかれると頭が良くなり、 「祝棒」 で突かれると子宝に恵まれ、また一年間の無病息災が約束されると言われます。 
 この祭りは江戸時代に流行した、疫病の厄除け祭りとして始まったと伝えられている。小さな子どもを抱いた親たちは嫌がる子どもを無理やりに連れ出して、ベタやショーキーに叩いてもらう。県下では他に類を見ない祭りです。
 
  《練り歩き》    8;00時から18;00まで
  《 場 所 》   市内一円 →→ 一宮神社
  8;00 出発 本通り商店街・尾道サティ~栗原本通り・天満町・西御所町・
           蘇和稲荷神社・本通り商店街・尾道市役所・尾崎・久保本通り・
           長江通り・長江口・尾道郵便・林芙美子像前を通り最後に
 18.00 終着 一宮神社へと練り歩きます。
尾道JR駅前の風景
尾道JR駅前の風景 (しまなみ交流館へ渡る陸橋より)
べっちゃー太鼓が終わりベタ・ショーキー・ソバ ・獅子が
 陸橋より見る。 べっちゃー太鼓が終わりベタ・ショーキー・ソバ ・獅子が
出てくるのを待つ観衆。沢山の人でいっぱいです。
「ショーキー」 「ソバ」
「ショーキー」 「ソバ」
神輿を囲んでのべっちゃー祭り
神輿を囲んでのべっちゃー祭り
お神輿は尾道駅前を威勢よくお通りです。
お神輿は尾道駅前を威勢よくお通りです。
すぐそばに「ベタ」 がいました。 あっ! こちらには獅子が泣く子どもをねらっています。
すぐそばに「ベタ」 がいました。 あっ! こちらには獅子が泣く子どもを
ねらっています。
一宮神社(吉備津彦)への参道
一宮神社(吉備津彦)への参道(石段)を登り参拝する。
一宮神社の右側に淨土宗宝土寺 一宮神社より尾道水道を心行くまだ眺望
 一宮神社の右側に淨土宗宝土寺があります。 宝土寺本堂。この一年、無病息災で
ありまように。一宮神社より尾道水道を心行くまだ眺望して帰途にたちました。
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー