ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は「2015福山夏祭り・二上がり踊り」を取材しました~

◆二上がりおどり大会
   
メイン会場   福山市中央公園
   演舞コース   久松通り、宮東リ、きたはま通り
   日時・時間   8月13日   18:00 ~21:00    
<282>

「無形文化財二上がり保存会」 の皆さん
 毎年お盆の8月13・14・15日の三日間、福山駅前大通り・久松通りで行われる。「福山夏祭り」で踊られる。盆踊りは1961年4月18日、県の無形文化財に指定されています。起源は定かではないが、二上がり流行時期から文化文政時代(1790年代から1830年代)、江戸詰の備後福山藩士によって江戸から伝わって来たと一般的には言われています。
 当初は、頭に折笠・頬かむりをした手にうちわを持ち、唄がなく、基調の二上がりと胡弓の奏でる気品と哀調を含んだ独特のリズムにあわせ、武士や領民が三々五々組みを作って思い思い踊り歩いたと言われている。年々踊り手によりアレンジが加えられ、被り物も鉢巻や手ぬぐいにとって代わり、地方に鉦・太鼓を加えられ、昭和3年(1928)以降うちわから四つ竹に変わり使われている。
 現在は三味線の二上がりを基調に、胡弓の三下り、尺八の合奏に合わせてステツプの度に四つ竹で拍子をとりながら踊る。恰好は、男は鉢巻・女は手ぬぐいで包、手に四つ竹を持ち、浴衣の裾をまくり、白足袋に草履を履く。基本のステツプ以外は組みにより各々独自の形で踊られている。
 
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー