ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は 「山野峡県立自然公園」 を取材しました。 ~

◆「山野峡県立自然公園」 龍頭の滝&岩屋権現
                             <261>

 龍頭の滝
 天に上る龍が地上に玉を吐く姿を形容して名づけられたと言われる。
 60mの高さからいっきに滝つぼへ落ちる。
 滝つぼへ落ちる水音は、木々、岩などにこだまし谷間に響く。           
龍頭峡入り口の看板 峡谷の雰囲気を漂わせて、鷹の湯の宿龍頭山荘入り口
 昭和30年代は大変な賑わいであった。しかし、現在でも 「鷹の湯」 は繁盛している。
 山野峡県立自然公園は福山市の最北端に位置し、静かな自然の中、龍頭峡と猿鳴峡の峡谷からなっています。今日はその 龍頭の滝と、岩屋権現を紹介します。
 この峡谷の初夏は新緑、もうすぐ来る秋には紅葉など四季折々の景色をスライドしています。このように自然の中、ホタル、かじかの声、野鳥の囀りなど、自然を満喫できる公園です。
鷹の湯山の宿   龍頭山荘(秋には紅葉が美しい)
 福山市加茂町山野の矢川の川沿い、原田に巨大礫  岩屋権現があります。
 県道より山道にはいります。岩屋権現は山の中腹に位置しておりますが、道の路幅が狭く厳しい。お堂の入り口あたりで車を止め徒歩で行くのが安全です。
 この原谷巨大礫は地穀変動によって出来た大きな石灰巨大礫のほら穴です。
 岩屋権現はそのほら穴の中にお祀りしてあります。古代信仰の名残を留めると共に、この巨大礫は県の天然記念物に指定されています。 
 休憩所も完備しいおり、知る人は遠方からでもご参拝されています。そしてここの水は名水で持ち帰られています。お願い事が願いますように。
 岩のほら穴には立派な権現様が祀られている。そして御芳名帳もあり、大勢の参拝者があることがわかります。また二度、三度とご参拝されることを祈りました。
 岩屋権現からキャンプ場の方へ車を走らせました。山野県立自然公園キャンプ場へ向かう途中、左側に高くそびえ立つ聖嶽。激流に削られ、そそり立つ200mの大絶壁。
 秋には色彩も紅葉色に見ごたえのある聖嶽。是非ご覧ください。
 キャンプ場は川原に面し、四方を山々にかこまれた静かなキャンプ場。水泳、渓流釣りが楽しめる。収容人数500名。炊事場、トイレ、常設テント9、貸出テントもあります。 
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー