ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は 「ハイヒール300,年」 展示会を取材しました。~

■日本はきもの博物館閉館最後の企画展
   ハイヒール300年    広島県福山市松永松町
                             <238>

 今年11月に閉館となる日本はきもの博物館 丸山万里子館長さんの最後の企画展 「欧米フアッションを彩った、ハイール300年」 9月6日より10月27日まで。同館が会館以来、収集に努められて来た欧米のクラシック・シューズのコレクションは400点を超え、美しく優雅に展示されています。
 同館では十七世紀から二十世紀に亘り、靴の危うい優雅さの極致となっているピンヒールなど多彩な展示となっています。
 女性なら一度は履いて見たいハイヒール。十七世紀にタイムスリップしてあの靴を履いて見たい気持ちに誘われますよ。
 また、洋服の展示もあります是非ご来館下さい。 靴が皆様を待っています。
十七世紀の長く伸びた四角なつま先のヒール
十八世紀ごろの靴
十九世紀頃の部屋ではく靴と、十八世紀頃の編み上げブーツ (モダンです)
十八世紀頃の洋服と靴 ブーツ型ハイヒール
十九世紀 ~ 二十世紀に流行した靴
二十世紀には沢山のデザインの靴が彩っています。
日本はきもの博物館
期 間     H.25.9.6 ~ 10.27.
入館料     一般        1,000円
         大学専門学校生   800円
         中高校生        600円
         幼児・小学生      400円
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー