ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は 「たじり杏まつり」 を取材しました。~

◆たじり杏まつり
                  福山市田尻町  <227>

 春を告げる田尻町の杏の丘陵地より瀬戸内海を眺める。
恒例の杏まつりが3月24日に、福山市田尻町海岸線町内一帯で繰り広げられました。
 市内外から約8千人の花見客が訪れ田尻町はにぎわった。駐車場は高島小学校のグランドを使用。
杏(幸福丸)  かなりの古木のようです。 6月ぐらいには実が付きます。
 JA田尻支所、高島公民館の広場ではあんずの加工食品の販売、ふれあいコーナーが設けられ、おいしい香りに誘われ家族連れや、若いカップルが春を満喫していた。
 あんず祭りは、町内をピンクの花で埋める中で、「潮騷と杏と民具の町」を楽しんでもらおうと平成7年なら始まりました。海岸線や丘陵地に約3000本の木にピンクの花が満開。田尻港からは臨時の杏船が運航され、海から、陸からを散策して、春を楽しみます。
あんず通りの新道  (お天気が悪かったが) 丘陵地に咲く杏の花、ピントボケ
「エクセル鞆の浦」(福祉施設)の所では菜の花が満開でとても素晴らしい
 菜の花の黄色と、杏のピンクに彩られた田尻の春は、日頃多忙なこころを癒してくれ、明日への活力になりました。有難うございました。来年に又お逢いしましょう。
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー