ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は「アートウォーク 福山城周辺」」を取材しました。~

■芸術の秋 アートで遊ぼっ!!
                 福山市福山城周辺 <216>

ふくやま美術館前で高橋秀さん作「愛のアーチ」を15m×16mの布に描
かれたパッチワークの作品「家族の木」で覆われました。作者吉田一郎さん。
 秋の福山を現代アートで彩る「ふくやまアートウォーク2012 ~アートで遊ぼっ!!~」 が7日~8日、福山城や、JR福山駅周辺で行われました。
 市民の足を止めて、一風変わった「芸術の秋」を楽しみました。福山城アートプロジェクト実行委員会が主催し、韓国やニューヨークのアーチスト10人と3ユニットを招き、鞆へも会場を広げ観光客へも「福山」を発信した。
ふくやま美術館&福山歴史資料館前の広場に展開したパフォーマンス。
ふくやま美術館東側斜面の庭に巨大な絵画出現
福山城西側の参道に現れた幕(吉田一郎さんのパーチワーク)
芝生の上に描かれている巨大人形。 材料は海に流れついた
 「浮」 だそうです。
 宮通りでは午後4時より 「華の宮通り」 としてアート・ウォークと合わせて芸術の秋を深めようとファツションショウが開催されアートウォークに彩を添えた。
 モデルは一般公募して子供から大人まで約く120人によるモデルさんで賑わいました。
 過去・現在・未来と時代を象徴するフアッションショウで繰り広げられました。
ファツシヨウショウの入場門 今から80年前(昭和7年)の結婚式に
着られた花嫁衣裳です。
現代のハイカラ衣裳 ドレスの後ろが尻尾のように
長いながい。
未来にはジンーズ(布)の
ドレスのようです。
フェナーレはティシャツでの行進でした。
お疲れさま。
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー