ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は「海フェスタ」福山港を取材しました。~

■「海の日」 海王丸が福山港にやって来た
                   福山市箕沖町  <211>

 尾道市、福山市、三原市で開催中の「海フェスタ」の一環として福山港に帆船「海王丸」が7月15日と16日に福山市箕沖町の福山国際ターミナルへやって来ました。15日には歓迎セレモニーが行われたほか、各種イベントも開かれました。 
 15日、11時より歓迎式典が行なわれ、市立培遠中、市立城南中吹奏楽部生徒による演奏で、船の前に乗組員の方々を迎えました。そして羽田福山市長が歓迎の挨拶をしました。又船長さんへ花束、折りバラ等記念品を贈呈しました。 
 15日、午後からは海の貴婦人と称される優美な帆船の姿を船員を目指す実習生77人が高さ約50メートルのマストに登り、36枚の帆を張るセイルドリルを披露。
 多くの見学者が優美な姿に堪能しました。               
 16日には海王丸の一般公開もあり、見学者は朝早くから長蛇の列が並び定員一杯で早くに打ち切られました。残念ながら見学できませんでした。
海王丸から乗組員さんと実習生77人がタラップを降りてきます。
美しく整列している船員さん
 海王丸を歓迎して演奏している培遠中、城南中吹奏楽部の生徒さん。
 御来賓の方々。
渡辺船長さん等へ花束贈呈 福山市羽田市長の歓迎の挨拶
沢山のテント店&広い広い会場 (休憩会場には沢山の見学者で一杯)
午後1時より実習生の皆さんで36枚の帆が張られて行きます。
午後2時過ぎには海の貴婦人と呼ばれる美しい帆船、海王丸が姿を表しました。
 海王丸の近くには沢山の見学される船が、優雅に海王丸を囲んでいました。
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー