ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は 福山市鞆町「鞆の津ミュージアム」を取材しました。~

■「鞆の津ミュージアム」        福山市鞆町
                             <207>

「鞆の津ミュージアム」 展示館入り口
 福山市鞆町に全国で3番目のアール・ブリュツト美術館が誕生しました。
 鞆の古民家を改修して「鞆の津ミュージアム」が平成24年5月27日にオープン。
 アール・ブリュツトとは、美術の専門的な教育を受けていない人が、伝統や流行に左右されず、自身の感動をそのまま表現した芸術とのこと。
 そして、リサイクル、リサイタルをするのでいらなくなった、ゴミになっている物も人の手によって甦る作品。
 中に入るとアッという言葉が出ました。変った作品であり、また、展示の仕方も違っています。良く見るとなかなか味のある作品がいっぱいでした。
 この作品はじっくりと鑑賞するのもいいし、見た瞬間に感じる何かがあるように思いました。是非皆様ご観賞ください。
 会  館  午前10時~午後5時。
 入場料   大人800円  大学生、65歳以上  600円  中高生  300円
        小学生、傷害のある方は無料。
鞆の町 古民家の続く通り
     ミュージアムの展示場    帽子にもいっぱい飾りがついています。
展示されている壁面
アット驚きました。魚が天井から吊るしてあります。
五月人形にどこから
拾って来たのかな!!
この帽子にもたくさんついています。
鞆の歴史博物館より,海を眺望された景色を
廃品物を使って再元されている作品。
海岸からでも拾って来られたのかなー。ゴミでも美しくなるのが不思議です。
 たくさんの貝殻を使った作品。これは美しい作品でした。
 鞆の浦に又一つ新しい「ミュージアム」という見どころが増えました。
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー