ふるさと文化情報

びんごの見どころ

~今回は 観音寺(県重要文化財)を取材しました。~

■「観音寺」
                  福山市北吉津町1-5-23
                              <201>

福山市北吉津町観音寺全景
北吉津町より観音寺のへ通用門
 福山城の築城に際し、城郭の東北端、艮(うしとら)方角の鬼門守護のために建立されたと推定される寺社群が観音寺と艮神社。真言宗の寺院である観音寺の本堂からは1651(慶安4)年建築の棟札が見つかっている。 広島県内に現存する近世唯一の本格的な密教寺院。
 密教寺院の本堂で、和様・唐様・天竺様の手法が用いられた折衷様式の見事な建築です。
 装飾手法は桃山時代の建築装飾の遺風を随所に示し、折衷様式の変遷を考える上で貴重な建物。県の重要文化財に指定されている。
表参道からは長く整然とした石畳の参道。
表門。 本堂と同時期に建てられ、本堂と共存する近世初期四脚門。
本堂。 本瓦葺の入母屋造り屋根が拝観者に重厚な感じを与える。
向拝の木鼻彫刻に想像上動物である獏(ばく)が刻まれている。
観音寺の境内から見る「福山城」 
境内に貫禄ある鐘楼建立されています。
松の古木(歴史を感じます) 吉津川に架かる太鼓橋
 観音寺の近くには寺院の他に福山八幡宮も隣接しております。
 是非ご散策ください。
協賛企業
協賛広告・会員募集 eクラブ会員募集 びんごの見どころフォトマップ
地図はこちら HOME クラブTOPヘ ページトップヘ バックナンバー