白竜湖
撮影は05年11月24日
白竜湖畔の美しい紅葉…
湖畔より臨む椋梨ダム全景…   ↑マウスオン
白竜湖ドームの入り口と案内図 「白竜ドーム」傍を流れるのは「沼田川」
白竜湖スポーツ村公園へのゲート  ↑マウスオン 曲線の美しい「白竜ドーム」 ↑マウスオン
湖畔の控えめな紅葉…
湖底が覗いた白竜湖…と湖畔の控えめな紅葉 ↑マウスオン
湖底が見える白竜湖…沼地のように見える、湖底に沈んだ木の残骸か…(・・?) 白竜湖の湖底…細い川のような流れが続く…
普段は見られない湖底(^O^) ↑マウスオン 細い川のような流れが… ↑マウスオン
<戻る>
よがんす白竜
橋から見える「よがんす白竜」…背景の紅葉が美しい(^-^)
ステキな紅葉を背景に建つ「よがんす白竜」 ↑マウスオン
まだ新しい感じの「よがんす白竜」の建築物 対岸の橋脚下に描かれた「白竜」のモチーフ
まだきれいな「よがんす白竜」… マウスオン 橋脚下の対岸に描かれた「白竜」のモチーフマウスオン
案内板…大きけりゃ良い…って訳でもなし、景観に配慮して欲しいなぁ(^^; ダムの入り口にあった木の看板 なぜか「よがんす白滝」になっています…(・・?)
大きな案内板が…× マウスオン 木の看板はGood !なんだけど…  「よがんす白竜」のスタンプ
「白竜」のモチーフ
<よがんす白竜>は、白竜湖畔に作られた「道の駅」で、お食事もできます。「よがんす」とはこの町の方言でで「よいですネ」とか「よいですヨ」などという意味だそうです。  
 地域の特産品などが扱われていましたが、品数が薄く寂しい気がしました。時期的なものもあるのでしょうが、それ程多くの観光客が利用しているという感じではないようです。あちこちに「道の駅」が造られていますが、地域の生産者の方々が主になって運営しないと、継続は難しいのではないでしょうか。
「メダカの里」は休眠に入っていて閉まっていました(TT)
案内図
白竜湖と銘記された橋の欄干(?)
スモークされた景色もステキですね(^-^)
普通に水があれば湖岸となる部分も…底面を見せている マウスオン
<戻る>
公園
湖面に浮んでいるのは「花菖蒲」の苗のようです…
湖面の花菖蒲が見える公園…向こうに見える道路が432号線… マウスオン
石版に彫られた湖名… 公園内の展望台にて… 案内板…
石版に彫られた湖名… 展望台の紅葉… ↑マウスオン 案内板…
湖畔の展望台と湖面に浮ぶ「花菖蒲」の苗床 公園内の花菖蒲園…今は畑があるだけでした(^^;
展望台の光景…マウスオン  初夏には花菖蒲園が…マウスオン
湖水に浮ぶ「菖蒲苗」初夏にはきれいな花が湖面に映し出されるのでしょうねo(^-^)o〜♪ 湖底まで階段で降りることができました(^-^)
湖水に浮ぶ「菖蒲苗」 マウスオン 湖畔の光景…鮮やかな紅葉
<戻る>
椋梨ダム
県道432号線から見た椋梨ダム…工事中でした(TT)
椋梨ダムの水路と美しい紅葉…右手前はススキが揺れていました  マウスオン
 椋梨ダムは昭和41年9月に着工、2年と6ヶ月の歳月を経て昭和44年3月に竣工した。堤高39・5m、頂長213・43m、
堤体積59・314m
3 という規模で、県と三原市、企業、団体が共同で施行された多目的ダムです。
 「白竜湖」はダム目的の為に造られた人造湖です。以前は賀茂郡河内町・大和町に所属していたのですが、平成17年3月の合併で、現在は三原市と東広島市の丁度、境になっています。
 現在はダム修復工事中で水が抜かれ、白竜湖の水深が浅くなっていましたが、来年3月以降にはまた春の芽吹きと共に水が戻って、より美しい姿を見せてくれるのではないでしょうか。
紅葉に囲まれた椋梨ダム… ダム管理棟
椋梨ダムと紅葉 湖畔より眺めるダム管理棟  マウスオン
2年と6ヶ月の年月を経て昭和44年3月に竣工…と銘記してあります ダム放水路 ダム放水路
椋梨ダム竣工記念碑 椋梨ダム放水路  マウスオン 椋梨ダムの水路
椋梨ダム入り口と案内板 椋梨ダム全景 県道432号線の路肩に、ススキが揺れていました
椋梨ダム入り口  マウスオン 椋梨ダム全景 ダム脇の県道432号線マウスオン
<戻る>