尾道・岩子島(いわしじま)昔は「鰯(いわし)島」と書かれた時もあったようです…
海岸沿いの道でクサフジを見つけ…暫し休憩…良い光景が目の前に…o(^-^)o〜♪
左が向島…右が岩子島…二つの島を結んでいるのが「向島大橋」赤いシンボルブリッジです(^-^)
向島・県道317号線…対向車も殆どなし…(^^; 赤いのは「向島大橋」のフォルムです…どちらも通行車輌が少なかったですね…採算取れない…(^^;因みに尾道大橋通行料@¥150でした…
向島のメイン県道377号線 マウスオン
向島県道137号線…左折すると「しまなみ海道」ですね…一度だけ全通行しましたが、思ったより早く着きましたねアッという間に瀬戸内海を越えてしまいました…でも料金は高いと感じましたね(^O^)
直進377号線岩子島・左折317号線しまなみ海道 尾道水道を一跨ぎ…尾道大橋 マウスオン
向島側からのフォルム… いよいよ橋を渡ります…他に車がいないので(^O^)ゆっくりと撮影できました…
海沿いの道から左折…坂を上がって近道(^O^) ここを渡ると…岩子島です(^O^)
瀬戸内の海
素敵な午後の瀬戸内…夕焼けも見たい〜ヽ('-'*)〜♪
穏かな瀬戸内の午後の海、絵になります…素敵すぎますね。夕焼けも見たくなりましたo(^O^)o〜♪ マウスオン
目線を下げると防波堤に顔がぶっかってしまいました(^^;石が熱かったですヽ('-'*)〜♪振り返ると背後には山が迫っていました。海あり山あり自然豊かな岩子島です
ここが、「鶏の鼻」…(・・?)目線を下げると海と一体化できるような気が…(^^; マウスオン
向島側からのフォルム… 瀬戸内海に向かっての砂浜ですので波もそれ程荒くありません…
野菜栽培の温室…(・・?) マウスオン 対岸は尾道…というよりも糸崎でしょうか…
きれいな青海苔でした… ブロックの破片にフジツボが…水槽の中に入れると見栄えが良いのかも…(^^; 砂浜はサラサラとした細かな砂で、気持よかったです〜♪
流れて着いた海藻たち… フジツボのブロック サラサラの細かい砂浜…
因島大橋です…
彼方に「因島大橋(しまなみ海道)」が見えます マウスオン
岩子島に入って一番に飛び込んだ景観ですお花畑がお出迎え…ヽ('-'*)〜♪その前面に見えるのが特産の「ワケギ」でしょうか…
ご夫婦で畑仕事をしておられました マウスオン
【岩子島】〜いわしじま
 「岩子島」は幅100mの御幸瀬戸を挟んで向島の西側にある小さな島で、昔、「鰯島」と書いていた頃もあるようです。かっては岩子島村でしたが、昭和29年には向島町と合併。周囲8kmの小さな島ですが、海あり、山ありの自然環境があるのですが、人口は少なく、人影も疎らで…殆ど地元の方にはお目にかかれませんでした。
昭和43年に開通した「向島大橋」により、向島とは陸続きになり、同時に時を同じくして開通した「尾道大橋」(昭和43年3月開通)により本土とも繋がったわけです。
 日本一の「ワケギ」・またトマトの産地として知られているようですが、蜜柑の木もたくさんありましたので栽培されているのだと思います。島にある海岸に赤い鳥居がある「厳島神社」は近隣からの厚い信仰と崇拝を受けてきました。絶えて久しかった『管弦祭』が再興され、再び脚光を浴びています。砂浜がきれいで景観も素晴らしいので、夏場には海水浴・キャンプ地としても有名です。島に残っている村落のレトロな光景はしばしば大林監督作品に登場します。
眼前に広がる蒼い海と緑の小山…海あり山ありの自然豊かな岩子島…ヽ('-'*)〜♪彼方にかって養殖場であった杭のオブジェが見えています…
<戻る>
厳島神社…波打ち際に建つ赤い鳥居が印象的です…
波打ち際に建つ赤い鳥居…
鳥居の前の海上で雅な「管弦祭」が行われると同時に海水浴場・「岩子島ビーチ」です マウスオン
海に向かって建つ赤い鳥居 拝殿
海から見た赤い鳥居 マウスオン 鳥居の奥に拝殿があります マウスオン
井戸です…… 神社入り口…
井戸です マウスオン 神社の参道です マウスオン
境内の奥にある石碑 拝殿の周りに何故か…(・・?)四十七士の絵額が奉納してありました… 境内の奥です…
駐車場を挟んで山の手にあります。とても不思議な雰囲気がありました…宮崎監督の世界です(^O^)ファンタジー(・・?)
厳島神社のご神体が祭ってあるのではないかと…(・・?)何だか不思議な世界に迷い込んだかのような錯覚を覚えました…宮崎作品の雰囲気をかもし出しています…
 マウスオン
厳島神社お社  ↓ マウスオン
厳島神社のお社です…
<戻る>
スクリーンの中の懐かしい光景
常夜燈が立つ四辻の光景…ヽ('-'*)〜♪むこに続く道が昔の(厳島神社)参道のようです
「常夜燈」が立つ四辻の光景…この右手に「火の見櫓」 マウスオン
常夜燈…と石碑 大林監督作品「ふたり」…の舞台となった「マラソン大会の中継地点」
この左手が「常夜燈」がある四辻です…レトロな雰囲気が何とも言えずステキ!です(^-^)
「常夜燈」 マウスオン 「火の見櫓のある道」 マウスオン
【常夜燈】
 「袴越・常夜燈」は『元禄十(1697)年向島西村津部田に最後の塩田が完成し、村内が豊かになった時、各地区に金毘羅講がつくられ、交通の要所や旧海岸の適当な位置に常夜燈を建てた』との説明文がありました。
「高さ 330cm(山から流れ出た土砂により約100cm埋っている状態だそうです)・建立年月日不詳」
<戻る>
島の草花… マウスを置いてください草花の名前が分かりますよ
アメガシワ…の雄花ですね… ハコベ… ヌルデ…
道端に紫ピンクのカーペットができていました。何かと思ったら…「クサフジ」でした(^O^)群生すると見事ですね♪ 「ツルナ」…食べたことはありませんが、食べられるようです…浜辺に自生するようです
「クサフジ」 マウスオン 「ツルナ」 マウスオン
「キレハヤマブドウ」…その辺で見かける物と違って、私の手よりも大きい葉でした…実が見てみたいですねo(^-^)o〜♪ 「ノイバラ」…小さいけれど、よく見たらきれいでした… 山ツツジ
<戻る>