首無地蔵 地蔵菩薩由来記
後 記
 昭和四十八年の石油シヨツクを境とし高度成長期から一挙に低成長に入つた日本経済は長く尾を引き企業の倒産は激増し、失業率二%百万人を超え一部業種を除いて今尚不安を覆いかくせない。
 たとえ政治や経済の体系が変つても死に対する不安、社会不安、病苦、精神的苦悩等からの脱却を願い安心を求める人間の願望に変りはなく、人はそのより所を求める。
 この地蔵尊が今その求むる対象となつているのかも知れない。衆生済度の為に東氏の手を借りて出現した地蔵菩薩であるのか、或は世間で云う一時的な流行神であるのか現時点ではわからない。
 だが今年五月二十日以降五ケ月の間に起き尚且つ起きつつある地蔵菩薩による思義を起えた現象と後に続く地蔵大菩薩礼賛記と共にこの事実を記録するものである。
昭和五十二年十月十日
広島県府中市出口町胡辻高居
地 蔵 菩 薩 堂 世 話 人
ページトップへ
戻る 次へ
Copyright(c) 2000-2003 bingo e shotengai. All Rights Reserved.