■ さんわふるさとフェア
                                   21
    〜 高原物語 みんなで創ろう三和の味 〜
    場  所  広島県神石高原町役場周辺   
    日  時  10月27日(日)  9時〜16時まで )

 台風もさり穏やかな秋の日、神石高原町では各地区毎に秋の収穫祭にふさわしい催しものが行われました。
 今日は、神石高原町さんわふるさとフェアを見学しました。
 今年のイベントは 「中国スーパー雑技団」のアクロバットです。
 この四人の曲芸から始まりました。
まず最初は獅子舞から始まりました。
 過疎化の進む農村では、老いも若きも(保育所の園児から高校生)も一緒になって、町の行事を遂行します。乳幼児の走りっこ、ダンス、小、中、高校生のブラスバンドと多種多様な見せ場を上手に作り、町人が一体になっての「ふるさとフェア」です。
 昨年は華やかな徳島の阿波踊りでしたね。今年はチャイニーズアクロバットです。中国流音楽に誘われて周辺から大勢のお年寄りの方も集まられ、中国のアクロバットを、手に汗を握りながら歓声を上げ楽しまれていました。
 この他にも沢山の出しものがあり、会場の周辺には屋台も出店。賑やかに神楽大黒様の「餅まき」等もあり、福を拾い満願に笑みを湛え楽しそうでした。
「チャイニーズ雑技」による アクロバットをしながら「皿まわし」をしています。
悪魔のような人が出てきて、一瞬の内に顔を変えています。
一輪車  高い一輪車に乗り。足で皿を10枚ぐらい頭の帽子の上に乗せます。
最後にはその中にスプーンを足でけり上げ乗せました。お見事でした。
メイン会場の様子。   楽しい秋の一日でした。
バックナンバー
ページトップへ
Copyright(c) 2000-2010 bingo e shotengai. All Rights Reserved.