びんご文化ニュース

■「卯之大祭」 草戸千軒ビレッジ協賛

      場 所   福山市草戸町草戸稲荷神社界隈         
      日 時   平成28年5月7日(土) 〜5月8日(日)

 中世を代表する「草戸千軒町遺跡」のある福山市草戸町で地元住民によるまちづくりの動きが活発化している。明王院や草戸稲荷神社の一帯を「草戸千軒ビレッジ」とし、近隣四寺院と住民が連携したイベントなどを通じて情報を発信。地域活動を図る。
 その第一弾として草戸稲荷神社で5月7日・8日に行われる「卯之大祭」に協賛「コンコン行列」や中世の衣装の子供たちが行列するのに協賛した。
卯之祭りの子供御神輿
中世の衣装を身にまとい、コンコン行列が始まれます。キツネの面をかぶって。
福山市ばらのイメージキャラクター 「ローラ」ちゃんも参加しています。
稲荷神社の境内には沢山の露店も出ています。
明王院
 境内には 「門前市」 が開かれています。そして音楽演奏も行われた。明王院では毎月第三土曜日を一般公開の日として、江戸幕府三代将軍・徳川家光と四代将軍・家綱の巨大な位はいを公開している。また、同院庫裡玄関には紹介DVDを鑑賞できるプレイヤーを設置、自由に見る事が出来ます。皆様のご参拝をお待ちしています。

バックナンバー

ページトップへTOP


びんごアラカルトへ       びんご旅情へ


Copyright(c)  bingo e shotengai. All Rights Reserved.