びんご文化ニュース

■やっさ祭り    (三原市街地より三原駅前) 

      日  時  平成27年8月7日〜9日  
      会  場  三原市城町1丁目   三原駅前界隈

三原ヤッサ会メンバーの「ヤッサ、ヤッサ」の陽気な掛け声と ともに練り歩いた。
 陽気に踊るやっさ祭り開幕。今年40回目迎えたやっさ祭り。
 1567(永禄10年) 年、毛利元就の三男・小早川隆景が水軍統一のため三原湾に海城を築いたことを祝って始まったと云われる 「やっさ踊り」 。三原やっさ祭は思い思いに踊られるところが人気で、毎年多くの人で賑う。祭のフィナーレを飾る花火は、大玉28発を含む5000発。そして今年も中国四国地方最大級20号玉が三原の夜空を飾った。三原市街の夜景と花火を同時に楽しまれる「みはら明神の里」は超満員の見物客でした。
「西小踊ろう会」  チームの やっさ踊り
「糸崎ふれあいチーム」の 頼もしいやっさ踊り。 
 

バックナンバー

ページトップへTOP


びんごアラカルトへ       びんご旅情へ


Copyright(c)  bingo e shotengai. All Rights Reserved.