びんご文化ニュース

■ マチオラ洋画会第125回展

 展示会場  福山市本町しぶや美術館   (入場料無料 )
 と   き  2012年9月26(水) 〜11月4日(日)

展示会場風景
 1951年女性だけの洋画グループとして発足したマチオラ洋画会。年二回の展示会を開催。この度125回展示会を福山市本町しぶや美術館で9月26日(水)〜11月4日(日)まで展示している。 (代表者は廣安芳子さん)会員18人が描いた、人物、風景、静物など油彩画の近作33点が展示。
 自由表現で美の追究をした力作ばかりです。
 代表の廣安芳子さん(83)は、鮮やかな「 あじさいの頃 」 「卓上 」 を出品。
 マチオラは戦後の荒廃した福山市で発足した洋画同好会。以来、毎年1回のスケッチ旅行を通じ切磋琢磨。ふくやま美術館、しぶや美術館で展示会を開催しています。そして多くは中央絵画展に出品の常連者達。
 会員は30代から90代まで在籍、美の追究に余念がない。
 「マチオラの花言葉」は 「美よ永遠なれ」 若い人たちの入会に期待したい」と廣安芳子さんはアピールされております。
 お問合わせは   電話 084−922−2268   ( 廣安芳子代表)
あじさいの頃    以下あとは会員様の作品の数々
   

バックナンバー

ページトップへTOP


びんごアラカルトへ       びんご旅情へ


Copyright(c) 2000-2010 bingo e shotengai. All Rights Reserved.