びんご文化ニュース

■ 2012年度 鞆の観光鯛網開幕式

                               福山市鞆町仙酔島

鞆の鯛網開幕式を準備万端整えて待っている鯛網の漁船 三隻
 福山市・鞆の浦の初夏の風物詩として知られる「観光鯛網」の開幕式が4月28日、雲一つない晴天に恵まれた鞆の浦仙酔島で行なわれました。
 鯛網は長さ1500b、幅100bの網を海面下30bに投じ、船団でタイの群れを追い込んで網を上げる漁法です。
 380年の伝統があります。4月28日から5月20日までの毎日と、同26、27日の両日、午後1時半から。日曜日と祭日は午前10時半からも開催する。
鯛網のため特別に桟橋を設置してあります。
 開幕式には沢山の御来賓を迎えて関係者、鯛網に参加される方々と大漁と海の安全を祈念され、期間中無事でありますようにと神事が行なわれました。
神事に続き、地元の方々によるアイヤ節踊りで賑わいました。
船団の方々により、船出前の 威勢よく大魚唄い込み。
「弁天龍宮の舞」 若柳流による乙姫さまの舞
「大魚祝い餅投げ」 船の漁師さんや乙姫さまから祝い餅が振舞われました。
乙姫さまは小舟で出航  参加者は遊覧船3隻に乗船、鞆の浦仙酔沖に出船しました。
 勇壮な一大海上絵巻・・・・380年の伝統を今に伝える   福山・鞆の浦  鯛網
 お問い合わせ       福山市観光協会     電話  084−926−2649

バックナンバー

ページトップへTOP


びんごアラカルトへ       びんご旅情へ


Copyright(c) 2000-2010 bingo e shotengai. All Rights Reserved.