びんご文化ニュース

■ 福山・鞆港−走島間 念願のフェリー就航

                                 福山市鞆町

福山市の鞆港と走島を結ぶ旅客フェリー 「神勢丸」
鞆港から出発する旅客フェリー 「神勢丸」
 福山市の鞆港と走島を結ぶ旅客フェリー「神勢丸」(99トン)が4月7日就航した。
島民の利便性向上などを狙いに、老朽化した定期船に代わり、車も運べるフェリーを初めて導入。
 神勢丸は全長33.16メートル、幅7.6メートル。旅客定員192人。客室は1、2階で、1階はバリアフリーになっている。乗用車なら4台が積載可能で車の料金は1800円〜6000円。乗客の運賃、定期船と同じ1人550円。1日5往復の運航。
 ダイヤもこれまで通り変りありません。神勢丸は国の「離島航路構造改革補助」制度を活用して新造した。総工費約3億円。
鞆港の風景                               
前方は阿伏兎観音方面 大可島城跡 円福寺
鞆港桟橋  (今日も元気に出航しています)

バックナンバー

ページトップへTOP


びんごアラカルトへ       びんご旅情へ


Copyright(c) 2000-2010 bingo e shotengai. All Rights Reserved.