びんご文化ニュース

■ 「新春の大作」 華道・閑渕流 「町を明るく」
                   福山市入船町2丁目

福山天満屋店正面のショーウインドーを飾った 「新春瑞風」
 華道の閑渕流家元・小川閑渕代表は12月26日「新春の大作」を公開制作。
 福山天満屋正面入り口ウインドーには、テーマ 「新春瑞風」 手型をつけた扇がモチーフで「新春におめでたい風が吹くように」 との願いが込められている。
 期間は12月26日から1月10日まで展示されました。
福山市東櫻町アイネスフクヤマ1階センターコート 「新春の大作」
 新春の大作 テーマは 「樹王春光」。  青々とした勢いのある松と、立ち枯れて堅くなった松を組み合わせながら、約10人のスタッフが制作に挑んだ大作。
 「松は日本では神様が宿る神木として知られる。又中国では松竹梅を「三友」と呼び、松は神聖な木とされている。これにちなんで「樹王」をテーマにされたそうです。
 高さ4bの大作が完成し1月22日まで展示しています。
 家元と多数のスタッフで3時間かけた大作。見応えのある生け花です。是非ご観賞下さい。

バックナンバー

ページトップへTOP


びんごアラカルトへ       びんご旅情へ


Copyright(c) 2000-2010 bingo e shotengai. All Rights Reserved.