びんご文化ニュース

■ 銀扇会20周年記念華展 「きらめき」

       福山市本町 財団法人しぶや美術館
        平成23年5月5日(木)〜5月8日(日)

長い竹を細く裂き、竹の持つ素材を優美に初夏を表現している大作
 長い竹を細く裂き、竹の持つ素材を優美に初夏を表現している大作
竹の素材に色を吹き付け新しい命を生み出し、水の流を表現しているように感じる
竹の素材に色を吹き付け新しい命を生み出し、水の流を表現しているように感じる
 專心池坊 銀扇会田辺銀扇さんは銀扇会20周年記念華展を開催。
専正池坊福山支部 故 鍬本翠陽先生の師事の元、30年の研鑚を積まれ、1990年(平成2年)福山支部より独立し「銀扇会」を発足。沢山の花のオブジェ、ディスプレイを発表されています。
 “迫力あるアートの世界” これからも花や自然を愛し、伝統文化の継承や生活に添える花、そして新しいアートの創造に研鑚される事と思います。
作品に包まれてのひと時
作品に包まれてのひと時
会場の中は お花の祭典 空間一杯にオーロラの如く竹が美しく流れていました。
会場の中は お花の祭典 空間一杯にオーロラの如く竹が美しく流れていました。
大作のオブジェ
大作のオブジェ
作品の中心をアップで見ます。 竹の細い一本一本も綺麗に色がついています。
 作品の中心をアップで見ます。 竹の細い一本一本も綺麗に色がついています。
落ち着いた草花の作品
落ち着いた草花の作品
 一本の大きな竹の元 この竹から何百本にも裂き分かれているのです。
 気の遠くなるような作品。心棒強く、力強く、また優しく,優雅に、日本人の心ここに有り。
 益々のご発展をお祈り申し上げます。次はどんな作品と出会えるか、楽しです。

バックナンバー

ページトップへTOP


びんごアラカルトへ       びんご旅情へ


Copyright(c) 2000-2010 bingo e shotengai. All Rights Reserved.