びんご文化ニュース
「ふるさとの宝」

県指定無形民族文化財

油木神祇 (神石高原町油木地区)
秋祭に奉納された跳ね踊り
10月7日・8日 亀鶴山八幡神社,鶴山吉備津神社の秋祭に奉納された跳ね踊り
 「亀鶴山八幡神社
広島県神石高原町旧油木町の、中心部より少し西に、二つ連なった小さな山があります。北の亀山には八幡神社、南の鶴山には吉備津神社が鎮座しています。亀鶴山付近の丘は、古生層上に不整合にのる砂礫層であり、準平原化時代の河底礫とされていて、地形的に重要な意味をもっています。
社叢は、樹齢300年を越す大樹を含む社域で県の天然記念物に指定された胸高幹囲5.37mをはじめとして多くのスギ、モミのほかアラカシの大樹も介在しています。
この亀鶴八幡神社の歴史的、文化遺産とその周辺の樹林地とが一体となった良好な生活環境を保全するために指定されたものです。
天然記念物の大スギ
 樹齢300年を越した天然記念物の大スギの木(北の亀鶴八幡神社拝殿手前)
星のふるさと神石高原町
平成16年11月5日、四つの町村が合併して「神石高原町」が誕生しました。
神石高原町の地図
バックナンバー
ページトップへ
戻る 次へ
Copyright(c) 2000-2003 bingo e shotengai. All Rights Reserved.