久井町
久井町は、県の東南部、三原市から北へ約20kmに位置し、 面積62.16平方キロメートル、人口約6,200人の町です。 備南の最高峰の宇根山(698m)を背にして、 南北になだらかな高原台地(200〜500m)を形成しています。 温暖な瀬戸内海沿岸に比較的近いわりに年平均気温が12.8度と冷涼です。 町内には芦田川、沼田河の両水系の水源がありますが、 最上流で水量が少ないため農業用ため池が発達し、県内では一番多く1,049ヵ所もあります。 耕地は肥沃で9割を水田が占めています。
 町のシンボル・宇根山の南麓、標高480〜530mあたりに、 大小数万の巨石が敷き詰められた奇観で知られる、 国の天然記念物・久井岩海があります。
 車で上がれる宇根山山頂には、高さ4.8mの弘法大師像が建つ至幸院があり、 瀬戸内海、四国連山、中国山地の眺望が開けます。 山頂から少し下がったところに、60cmの反射鏡を備えた「宇根山天文台」、 青少年研修センター「あすなろ」があり、 ふもとには県内一の数を誇るため池の代表格、吉田大池があります。
 平成5年9月、広島空港開港に合わせて、町の南を東西に走る待望の山陽自動車道・三原久井I.Cが開通し、 広島へ44分、岡山へは約1時間と、近隣都市との交流はますます身近になりました。 これにより、宇根山地区から大池地区にかけてのリゾート化構想 「久井岩海・宇根山レクリエーション(家族旅行村)計画」に一段と弾みがつき、 活性化への切り札としての整備が急ピッチで進んでいます。
宇根山と久井の岩海
 宇根山は、日本一の高さ4.8mの弘法大師像が建つ至幸院のある山頂から、 天文台、青少年研修センターを経て、ふもとの吉田大池まで見どころが多く、 町が推進している家族旅行村構想の拠点となっています。
 吉田大池の東側が、国の天然記念物指定の久井の岩海で、 温度差による膨張と収縮により形成されたこの岩海は3条に分かれ、 西側からそれぞれ「銭亀ごうろ」、「中ごうろ」、「大ごうろ」と名づけられています。 「中ごうろ」では、地下を流れる水音が聞こえる水温峡があり、神秘的な雰囲気です。 永年かけてできた自然の力を観察してみませんか?
久井の岩海
吉田のギンモクセイ
日本最大級の巨樹にあげられている名木。 根回り3.2m、樹高12m、推定樹齢400年以上。 10月ごろ白色の花を開花し、芳香を放ちます。 平成2年に「日本名木百選」に選ばれました。 巨木になるまで成長した理由を学びたいものです。 吉田のギンモクセイ
久井稲生神社と祇園祭り
久井稲生神社  江木にある稲生神社は、「久井の稲荷さん」として親しまれています。 近郊随一の歴史と社殿を誇り、初詣にはおおくの参拝人で賑わいます。
 県無形民俗文化財指定の「祇園祭り」は、大永2年(1522)、 高根山城主・山名左近将監が稲製神社に参拝したとき、氏子8か村の人たちが 「にぎやかし」に奉納したことに始まると伝えられているもので、 祇園祭(7月15日に近い日曜日)として、獅子舞、笠踊り、杖の踊りなどが、 境内で毎年賑やかに繰り広げられます。
 また、奇祭で知られる「御福開祭」(2月第3土曜日の夜7時より)は陰陽2本の福木を奪い合う裸祭りです。 【「地の魚」御当座祭】(10月19日に近い日曜日)は、大鯛2尾を手を触れずに調理し、 刺身が48人の座に配られ会食するものです。 祇園祭りを見学するだけでなく、参加できるのであれば参加されるのも良いのではないでしょうか?
久井歴史民俗資料館
久井稲荷神社下の「久井歴史民俗資料館」には、初節句を祝って贈る習慣があった時代の、 美しく彩色した土製の人形のうち、文政年間(19世紀初め)から大正時代までの246点が収集されています。 人形は10〜55cm、天神や七福神、伝説や歴史上の人物、町娘などの風俗を表しているものなどで、 三次や三原地方のものが主です。そのほか、出土品や民具など数千点が展示してあります。 展示物以外に資料をお持ちの場合や伝説などがあれば、情報をお待ちしています。
宇根山天文台
高原の町の澄み切った夜空に輝く星空はまさに別世界。 60cmニュートン・カセグレン式反射望遠鏡はコンピュータ制御で、 観測したい星が瞬時にキャッチできます。 そのほか、プラネタリウム投影装置、星雲・星団テレビ受信システム、 10cm屈折望遠鏡、12cm双眼鏡などを装備しており、誰でも気軽に星座の観測が楽しめます。 子ども心に戻ってみませんか? 宇根山天文台
ふれあい運動公園
中央スポーツ広場(羽蔵)にある「ふれあい運動公園」は、 宿泊のできる「ふれあい荘」を中心に、体育館とプールの インドア・スポーツゾーンと総合グラウンド、テニスコート、 ゲートボール場のアウトドア・スポーツゾーンを備えています。 「ふれあい荘」には、洋室3、和室2、定員24人の研修室兼食堂があります。 健康的に多くの人と交流してみませんか?
戻 る