白竜湖に魅せられて
大和町/白竜湖 帝釈峡/神竜湖 道の駅「よがんす白竜」
私の出身地は、びんご神石高原である。
ご当地の名勝「神竜湖」はふるさとの自慢の名勝である。この湖と非常に似ているのが賀茂郡大和町の「白竜湖」。その美しきたたずまいは、「神竜湖」をほうふつさせる。そういったご縁からか、私と「白竜湖」の関係はなぜか深いものが感じられる。
 私が最初に「白竜湖」に行ったのは、昭和50年(1975年)頃であったと思う。
 場所はどうしても思いだせないが、名前は”白竜湖ロッジ”、丸太造りの山小屋風の建物だと思う。同業者の会合の場所だったと思う。パンフレットをもっていたのが、急に見つからず、写真を紹介することが出来ないのが残念。
 続いて5〜6年のうちに、”白竜湖カントリークラブ”のクラブハウス風の宿泊施設に一泊したと思う。取引先の研修会で利用したのだが素晴らしいホテル風の建物だったと記憶している。
 しばしば利用したのが”白竜湖リゾートセンター”で、目的は私達の主催する経営者や社員の研修会、まとめの時は一、二泊ぐらいの集中研修を行い、随分お世話になった。
 特に我が社のチェアマン(リーダー)がお気に入りで2、3年間 毎年数回は利用したように憶えている。
 そうする内に、この度「432eクラブ」の発足。前大和町長の岡田さんや果実の森の高田さんと知り合い、何度も通った。行程は福山を出て駅屋からR486を西行、府中〜御調〜久井〜大和と進む。
 本当にのどかな田園風景、この道のりが大変気に入った。白竜湖に映える”みどりの町”、フルーツロードの南端”果実の森”ともに親しい親戚を訪ねるような、ほのぼのとした温かさを感じるのであった。大変ご縁の深い土地柄である。

 
(2003年7月) 福山市 福川 清太郎
社会福祉法人 みどりの町 向用倉農業公園/果実の森
バックナンバー