2017/10 [HOME]

++ 日記 ++

2017/10/31(TUE)
ハロウイン・ジャンボ、最終日
ハロウイン・ジャンボ最終日になりました。
スムーズに販売は進みましたが、「買うの、どうしよう?」と決断の付かない方もあり。
店長「本日が最終日です、残り福をどうぞ」
「残りものに、福あり?」
「ええ、先日のプロ野球ドラフト会議では、カープは引き残ったくじで、中村を引き当てたではありませんか」
「残りくじに、当たりありか、じゃあ買おうっと」
人気のジャンボ宝くじ、しかも最終日、まだ迷っている方もあるんです。
お話をして購入を促します、黙っていては販売は進まない。
お話の効果はありまして。
先日ミニ5000万を買った方が来られた、「夢見たんですよ〜」と。
5億円のジャンボか、ミニ5000万、どちらを買うか迷った女性、5億円の方を買われた。
ミニの方にも未練があったが予算がない、そこで店長「縁起のいい夢を見たら、31日までにお出で下さい」と言っておいた。
で、ヘビの夢を見たという、ならばとお小遣い3000円を準備し、最終日にミニ5000万をお求めだ。
お話の効果はあります、販売促進には結構手間がいりますが、手の抜けない宝くじの販売も最終日でありました。

2017/10/30(MON)
ハロウイン・ジャンボ、最終前日
台風一過、晴天となりました。
野分のまたの日こそ、いみじうあはれにをかしけれ。
台風の翌日はたいそうしみじみと趣深いと清少納言は枕草子で述べている。
とんでもない、台風で建物が壊れたり、木や花が倒れたりを「いみじうあはれにをかしけれ」と言えるだろうか。
日にちがないので、慌ててこられたお年寄りなんか危ないじゃないか。
午前中は最大10mの強い風が吹きました。
台風の残した風に怒る店長なんです。
慌てて来られた方の中には、スピードを出し過ぎて、違反切符をもらった方もあり、気の毒でならない。
あの土手道は信号と信号の間は距離があって、ついついスピードアップするんだよね。
この調子なら、明日はどうなりますかね。
まず風は収まるで、気温は朝に冷え込み、日中高くならない、晴れる。
これは天気予報で、正に秋本番の様相だ。
宝くじ日和と言えましょう。
宝くじは十分確保しています、慌てず落ち着いてお出で下さい。
閉店時間は売場によって違う、この売場は7時まで。
ハロウイン・ジャンボ宝くじは明日まで。

2017/10/29(SUN)
ハロウイン・ジャンボ、最後日曜日
台風に雨にたたられ通しのハロウイン・ジャンボ宝くじ。
台風23号が四国の南を通過した、直接より刺激された停滞前線による強い雨が降る。
夕方になって、雨は上がって雲は去る、青空が現れると同時に風が出てきて台風の影響を思わせる。
天候の変化は激しい、宝くじを買う方にはおっくうな日になった。
ハロウイン・ジャンボの売れ行きは、好天になる明日と明後日に任せよう。
ジャンボくじに集中したいので、早く片づけたいのがスクラッチくじです。
端数の6枚が残っておりましたが、半端は嫌がられてなかなか売れません。
これが10枚だと、すんなり即完売で終了となるのに。
そこで次のスクラッチくじファンにはひと工夫する。
「スクラッチ下さい」
「はい、残りはあと6枚ですが」
「あら、10枚ないの」
「残り福があるかもしれません・・・」
「なかなかないでしょう」
「先日プロ野球のドラフト会議では、広陵の中村君を中日と争ったカープ、残ったくじで当たりましたよ」
「うまいことを言うわねえ、じゃあいただくわ」
雨の日は販売も苦しいね、口で商売の店長でした。

2017/10/28(SAT)
ハロウイン・ジャンボ、最後の大安
ハロウイン・ジャンボ宝くじの販売は今日を含めて4日間です。
最後の大安で週末とあって、朝からたくさんの方が買いに来られる。
ここのところ雨の日が多い、しかも最もたくさんの方が来られるはずの週末は雨、先週は台風までやって来て販売の邪魔をする。
せっかく絶好調でスタートしたのに、去年より凹んでしまいました。
ありがたいことに最後の大安がアシストしてくれまして、やっと去年に追いついた。
三度目最後の週末も雨になった、雨さえなければ一挙にダッシュして、はるかに去年を大きく上回り、
最終日にドカンと盛り上がるんだが。
雨の週末をうらめしく思うのは別に訳がある。
福山駅周辺への集客力が落ちていて、活性化のためのイベントを実施中。
路上でカフェや、食事ができる、場所によっては腰かけて将棋もどうぞ。
この雨のため中断している、明日も雨は避けられない。
いいかげんにしてほしい雨ですよ。

2017/10/27(FRI)
金印でさすれば、ハロウイン・ジャンボ当たるかも
宝くじには縁起がかかせない、それぞれの売場では縁起物を備えて、みなさんの当せんを願っています。
この売場では「御縁玉」が鎮座する、本日は別の縁起物のお話。
初老の女性が来られた、ふと気になったのは、みなさんから預かる現金、照合用のくじ券が飛び散らぬように準備の重し(ペーパーウエイト)。
金ぴか金印のレプリカ、縁起いいいでしょう。
女性はそれは何?とお尋ねだ。
あるきっかけで買い求めた重し、国宝金印である、もちろん表面の金メッキだけであるが。
中国は漢の時代であるので二千年ほど前のこと、当時の日本は倭の国で、貢物を持って漢の王様を表敬訪問した。
王さんは「あんたを日本の王と認める」と漢之倭之国王と刻んだ金印を授けた。
長く行方知れずであったところ、江戸時代福岡の志賀島でお百姓さんが田を耕していたら、「カチン」と発見にいたった。
その後昭和に入って国宝となる、金印転じて金運ありと、宝くじファンに人気を博しているのであります。
女性「おじさん、おもしろい」、こっちはおもしろくない、なんも買わん相手に長々としゃべってばかり、こんなのを徒労というんだが。
店長の心中を察してか、「ロト6をもらおうか」と女性、そうでなくっちゃあ。
さっそく金印でくじ券をさすりながら、「一等を当ててやってくださいな」
そもそも何の目的でやってきたのか?よその店でハロウイン・ジャンボをたくさん買っている。
ここで買って金印でさすれば、ハロウインが当たるかもしれないのに。

2017/10/26(THU)
ハロウイン・ジャンボはお早めに
今回のジャンボ宝くじ、ハロウイン・ジャンボ宝くじは「枚数限定、売り切れ次第終了」となっています。
ハロウイン・ジャンボ宝くじのパンフレットにはさりげなく書き込まれていて、鋭く読んでいる方あり、ない方あり。
販売が好調でも追加印刷しないのが原則。
販売店として心配は追加がないかもしれないこと。
そこで販売状況から先の見込みをたてつつあります。
さて、店頭では「おうい、まだあるかあ・・・」、「遅うなったけど、まだあります」
心配顔で来られる方は少なくない。
店長「大丈夫、まだありますよ」
全国的にはどれだけ販売を消化したのかは不明、この売場に限っての話ですが、まだあります、だいじょうぶ。
販売主力の土日を台風で邪魔されまして、見込みの販売は遅れ気味。
販売期間最後の週末土日を頼みとしています。
昨年は最終日、最終前日と大きく盛り上がりましたので、今年も同じかもしれない。
現時点では余裕ありですが、週末次第でどうなるか分からず。
そこで、これからハロウイン・ジャンボを買われるみなさんは、早めにお求めいただきたい。

2017/10/25(WED)
カープ敗退とハロウイン・ジャンボ
両手はだりと垂れ下がり、目はうつろ、ボクシングでいえばパンチの嵐をうけ、サンドバッグ状態になっている。
これが本日のカープファンであります。
長い公式戦143試合を戦って、14.5ゲームの差をつけた3位のチームにCSファイナルで4連敗した。
日本シリーズに進出できなかった広島東洋カープ。
短期決戦ではあるんだねえ、カープファンならだれもが想像すらできなかった悲劇となった。
今日もカープファンが訪れる、ショックに大きさに戦意は萎えてる。
あのおばあちゃんは熱烈ファン、大ショックで家で悔しさを話す相手もいないのか、しきりに悔しさをぶちまける。
「ピッチャーもダメ、バッターもダメ、監督もダメ!」、厳しい指摘に聞いてる店長もサンドバック状態。
でもナンバーズだけは買って帰った、戦意はまだあるね。
この兄さんもカープファン、4勝でジャンボ40枚買うところだったそうで、「1勝なんで、10枚にします」
多少の戦意は残るが小さくまとまった。
別のお兄さんは、いつもだともっと買うんだが、しょぼいロト6だ、戦意喪失に近い。
なんとかのせいだと敗因を言うが、聞こえないね。
今は広島県をはるか超えて全国的にいるカープファン、意欲も買う気も萎えてしまい、
ハロウイン・ジャンボが売れなくなる恐れあり。

2017/10/24(TUE)
流れよ変われ、カープもジャンボも
穏やかならざる事態になりました、日本シリーズ挑戦権をかけるプロ野球セリーグのCSファイナル。
カープは横浜に3連敗し、王手をかけられた。
朝から凹むカープファンが来られる。
「もう駄目じゃ、打てん・・・」
店長「・・・まあ今日は流れが変わります、勝ちも負けもそんなに続かない、互いに人間がする野球じゃから」
「そうじゃろかねえ・・・」
宝くじ売り場は話題も活気がなければなりません、心が穏やかでない店長は、達観したように話をする。
店長「今日は野村が、ブチ投げる、流れは変わって、カープの勝ち」
「そうか、元気が出たわ」と男性はお帰りだ。
お昼近くになりますと、もう60年来のカープファンの女性、いわゆるカープ女子のご来店。
「なんてこと、ノーアウト満塁で一点も入らんなんて!」
店長「時々ありますねえ、今日は野村(投手)がバリバリ投げます、テレビ中継をお楽しみに」
「頼りにならん・・・」、「そんことはありません、去年の最多勝、今年も9勝してる、連敗ストッパーですよ」
「それにプレッシャーは横浜にある、流れが変わりますとも」
「まあ!、ここのご主人の話を聞いてると勇気が出るわ」
これは居合わせた別の女性宝くじファンのせりふ。
夕方に至るまで何人の宝くじ兼カープファンの嘆きを聞いたことか。
「当たらん、当たらん」と言いつつも、ついに辛抱の上、いいのが当たることのある宝くじ。
「勝てん、勝てん」と言いつつも、ついに本性を現し、大勝利となるのが野球だから。

2017/10/23(MON)
宝くじで国際親善
超大型の台風は、各地に被害を出しながら去って行った。
ここ福山って本当にいいところで、今日こそ強い北風が吹くが強めの雨が降っただけですみました。
台風一過の本日、天候は回復ハロウイン・ジャンボ宝くじ復活へ終盤になだれ込みます。
さてそんな状況の所へお昼ごろ、外国人がやって来た、二人の日本語学校の女子学生さんだ。
ミャンマーから来たという。
ハロウイン・ジャンボを一枚ずつを買った、一人はスクラッチくじも一枚、すぐに削る。
確認致しましょう、あら同じ絵が三つある、当たりだ、絵柄をゆび指しながら、「千円当たっていますよ、おめでとう」
二人はひらがななら読めるレベルの日本語が分かる、店長の日本語も分かる。
「ありがとう」と嬉しそうに賞金を受け取った。
こんどは男子学生、先日抽せんのくじ券を調べます、2枚だけだと200円の当たりも遠いだろう。
なんと一枚は五千円でした、驚いたのは店長だけで、五千円札を見ても彼の表情は変わららない。
内心は驚いていると思うんだが。
勝手ながら効率のいい当たりで、喜んでもらえたろう、国際親善ができたと、ご満悦の店長だ。
長くもない勉強で日本語が分かるなんて頭がいい、ミャンマーは近い将来きっと発展するぞ。

2017/10/22(SUN)
台風接近の雨 VS 大安+一粒万粒日
朝からまるで日暮れのような暗さ、雨も本格的に降り続く。
薄暮のようなありさまに、ライトを点けた車も走っている。
でも本日は大安で、しかも一粒万粒日と縁起の良さは最高に近い。
宝くじの売れ行きは、台風接近の雨 VS 大安+一粒万粒日 の競い合いとなりました。
実は今日が一粒万粒日であることは知らなかった、ある女性が「まあ〜、今日はとても縁起がいいのよ・・・」
嬉々としてハロウイン・ジャンボを買いに来られて分かったのです。
競い合いも結果としては平凡な日曜日程度と痛み分けとなりました。
雨だからこんなものでしょうが、プロ野球のCSファイナル戦が二日続けて流れてしまったのが残念。
そんな中で台風21号は当初の予想より東にそれそうだ、ここは暴風圏から外れつつあります。
明日は多少の風は吹いても雨はなく、週明けには終盤戦に向うが、天候は回復しそう。
ハロウイン・ジャンボを明日以降買う方にとってはよいみたいですよ。

2017/10/21(SAT)
ハロウイン・ジャンボ人気の片鱗
じわりじわりとハロウイン・ジャンボ宝くじは昨年を上回りつつあります。
始まって以来、雨の日がほとんどと、当店にとっては販売に不利な条件なんですが、粘り強く販売が続けておりました。
今日はハロウイン・ジャンボのちょうど中間に当たる。
明日からの後半に、とても明るい兆しがありました。
ところが今日の雨はいけません、発売以来の底になってしまった。
近づきつつある台風21号の前触れで、気象情報では「非常に強い勢力の台風21号に注意」と注意を促している。
残念ですが、ここまで元気なハロウイン・ジャンボも台風を打ち負かすことができない。
明後日まで台風の影響がありそうで、我慢の三日間だね。
それでも100枚と大人買いの方もあって、ハロウイン・ジャンボ人気の片鱗はあるんですよ。
台風21号あっちに行っとくれ!だ。^^!

2017/10/20(FRI)
税金要らずの宝くじ
衆議院議員選挙中です、しっかり国を守り、手強い周囲の国のトップ達と負けないよう渡り合い、税金の使い道をしっかり頼むよ。
国のかじ取りが任される人と政党に一票を投じる。
期日前投票をすませている店長は偉そうに言うのでした。
その税金のお話、「高きゃあ税金を払ろうてきたよ」と中年の男性がやって来て言いました。
高い税金とは、よほどの稼ぎがあるのであろう。
「こうなりゃあ、宝くじでも当てて、もっと税金を払ろうてやろう」
納税は国民の義務だからねえ、心意気は立派だ。
店長「それはご苦労さまでした、ただし宝くじでは市にも国にも税金で貢献できません」
男性「どういうことじゃ?」
宝くじの賞金には税金等はいっさいかからないのです。
いずれの宝くじ券でも裏面に、最も下に「当せん金には所得税がかかりません」とある。
所得税より高い住民税は、所得税のかかる所得額から計算される
健康保険税も同様です、従っていかに大きな賞金が当たっても、当せん金により所得税、住民税、(国民)健康保険税、介護保険料が増えることはないのです。
なお買っていただいた金額の一部は社会に役立っているのです。
男性「そうか、じゃあもう10枚もらおう」
あくまでも社会に貢献する男性だこと。

2017/10/19(THU)
「ぼちぼち」なハロウイン・ジャンボ
ハロウイン・ジャンボを発売なのに、カープが日本シリーズに向って奮闘中なのに・・・
なかなか天候は回復しない、秋の青空を見せてくれません。
「ジャンボは売れんじゃろう・・・」と冷やかしの声がする。
店長「ぼちぼちでんな・・・ですよ」
「ぼちぼち」とは、誠に便利な曖昧な言葉です、大阪では控えめな返事で、普通級ではあるが実は儲かっている状態をいう。
店長以下スタッフ一名で販売にがんばっております、がこのよろしくない天候続きで閉口している。
昨日までは昨年並み、ですから「ぼちぼち」である。
一方で悪天候続きであるのに昨年並みであるなら、実は好調の「ぼちぼち」でもある。
ほんとうに曖昧な。
これで天候が回復すれば、絶好調になるかもしれない。
週間天気予報では明日は雨降らず、しかし週明けまで高い降水確率が続き、台風21号も襲ってくるかも。
なかなか本格的好調の「ぼちぼち」になりそうにない。
心配しておりますのは、今回のハロウイン・ジャンボは「枚数限定 売り切れ次第終了」
限定版になっている、早く最終見込みが分かれば、追加手配を早く打てる、追加手配が遅れれば、追加分が無くなってしまう恐れがあり。
どんよりした空が恨めしいのですよ。

2017/10/18(WED)
カープでジャンボ宝くじか
空はどんより曇り、うっとうしさを感じる水曜日です。
こんな天気でも雨の続いた昨今ではありがたいお天気です。
うっとうしい思いは店長だけで、あら、こんな日に宝くじファンが続きます。
後で知ったのは、お隣のデパート天満屋の催事でありました。
会員先着何名様にドーナッツのプレゼント、商品の割引サービスあり、これでどっと繰り出したみなさんが、一部とはいえハロウイン・ジャンボもお求めであった。
それからカープファンも多かった、「今日の先発は薮田だね」、「勝てそうですね」、「相手が苦手のDeNAじゃ、心配だね」、「勝てますかね」とみなさんは言う。
今日はプロ野球 日本シリーズ進出をかけたクライマックスシリーズのファイナルステージ第一戦で、セ・リーグからは広島東洋カープと横浜DeNAが対戦する。
戦々恐々の思いのカープファンがハロウイン・ジャンボにかこつけてやってくるのです。
店長は野球に関して楽観的で、「チーム力のそろったチームが勝つ、これ当たり前、でカープの勝ち」と常々いってる。
本日も実績のある投手が投げれば好投し、実績ある打者がバットを振れば点が入る、カープの勝ちが当たり前。
カープファンは安心してお帰りだ。
カープファンが増えると、ジャンボもよく売れそうですよ。

2017/10/17(TUE)
ジャンボも晴れを待っている
「洗濯物が乾かないんだから・・・」、「買い物に出にくいよ・・・」、「カビが生えそうじゃあ・・・」
と生活にまつわる愚痴が出る。
「明日も雨みたい、試合はできるんか」、「雨で(試合が)流れんとええが」
これは明日から始まるセ・リーグ クライマックスシリーズのファイナルステージのこと。
いよいよ我が広島東洋カープが日本シリーズ進出をかけての登場となる。
先週からの雨は止んだり降ったりで、みんな大迷惑している。
やっと午後から雲を通して日が差してきた。
ハロウインジャンボは初日に大きくダッシュして大好評、ところが曇天、雨降りの繰り返しで凹んでしまった。
ですが本日は大安、天気も少し回復し、初日以来のにぎわいとなりました。
あまり油断もできません、この先天候は曇りか雨の見込み。
生活も、野球も、ジャンボ宝くじも雨には弱い。
速く秋の青空を拝みたいもの、みんな待っているんだから。

2017/10/16(MON)
ハロウイン・ジャンボより雨談義
長く雨にたたられおりますハロウイン・ジャンボ、今日はすっかり凹んでおりまして、みなさんの話題は宝くじそっちのけ。
ハロウイン・ジャンボを買いに来る方の話題は雨が中心になってしまいます。
雨も野球にからんでおりまして、まずはセ・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージで。
昨日は甲子園球場で阪神vsDeNA選があった、これからも雨が続く、日程に余裕なしの事情もあって、雨の降る中での第二戦でした。
グラウンドはぬかるんで、プレーもままならぬ、しょうもないゴロがヒットになってしままうありさま。
泥んこ試合だ、選手は気の毒です、実力というより運次第の展開になる。
「雨なら止めりゃあいいのに」、「日程がないんで、しょうがない」、「晴れてくれんかい」等々。
話は進んで、我がカープの登場するセカンド・ステージでは。
「天気悪そうね」、「全部雨で流れて、カープの勝ちってのもいい」、「昨日なんか、雨に備えて、雨降りのなか守備練習したそうな」
買ったばかりのハロウイン・ジャンボなんかそっちのけであります。
見知らぬ同士の三人ががやがやと、野球と雨談義になってしまった。
明日は天候回復の見込み、お日柄もよろしく大安。
にぎわいは明日を待つことになります。

2017/10/15(SUN)
雨こそ吉日、ジャンボくじ
今日は日曜日です、たくさんのジャンボファンをお待ちしています。
こんな思いを断ち切ってしまう、雨なんですねえ。
想定通りにはゆきません、それにしてもよく降る雨だこと。
時に混み合うこともあるが一時的。
ほとんどが次にお客さんを待ちわびる。
ある女性が来られました、「今日は大安じゃあないけれど、いいのよ」と言われる。
雨を突いてハロウインジャンボを買いに来られた。
どんないい日なんだろう?
「あのね、今日はヒマでしょう、みんなが嫌う日が吉日なのよ」
ヒマでも、ジャンボ宝くじの時だけに、混み合うこともあるヒマさ加減だ。
ところで嫌われる日の吉日とは・・・女性は言う。
宝くじ売場にはいつも吉がある、お客さんが多いと吉の分け前が小さい、少なければ分け前が大きい。
そこで縁起の吉の分け前の大きい、雨の日がいいそうな。
本当だろうか?そういえばこの女性は百万円を当てたありました。
説得力ありだ。

2017/10/14(SAT)
ハロウイン・ジャンボミニは変身
秋のジャンボ宝くじオータムジャンボがハロウイン・ジャンボと名を改めた以外に変更点がもう一つ。
ミニ版が増えたこと、一等と前後賞合わせた賞金は5000万円。
従来ミニ版には前後賞がありませんでした。
この事を知らずにバラセットを買う方もありますので、できるだけお知らせしながら販売中。
ハロウイン・ジャンボミニは一等は3000万円、前後賞は各1000万円です。
ミニを連番で買うと最高5000万、バラセットだと最高3000万円となる。
(特殊な場合もっと大きな賞金がありうるが超レアであり、ここは一般的な場合とする)
そこでバラで買うか、連番で買うかは、このような判断でお願いします。
バラ:抽せん結果を一枚ずつ調べる、これが楽しみ。
連番:前後賞も合わせて当てて大きな賞金にしたい。
一部に誤解がありますが、連番買いもバラセット買いも、当たる確率は同じです。
ミニ版には前後賞あり、従来とは違う判断でお求めください。

2017/10/13(FRI)
宝くじの隙間
スタートよく販売を開始しております「ハロウイン・ジャンボ宝くじ」です。
本日は三日目、あいにくに雨ですが宝くじファンの出足はよろしい。
これで雨が降らなかったら「サイコーです」の入りになるはず。
「サイコー」の期待にもかかわらず、週間天気予報ではずっと傘マークが付くか、高い降水確率を示している。
爽やかな秋になるはずなのに、ヘンだねえ。
店長から「サイコーです!」の声が聞かれるのは先のことになりそう。
さて雨が降りますと、次のお客さんが来られるまでぽっかり時間の隙間があく。
そんな時、「タクシーを呼んで」と女性がやって来た。
いつもは客待ちのタクシーが並んでいるが、雨とてタクシー利用者が多くてまったくいない。
障害者なら承ろう、だが健康そのもので、ゆかりのない人がなんで店長に言いつけるんだろう。
「そのようなことをしていません」とお断り。
別の隙間には、特有の雰囲気の女性が二人、「お勧めに来ました」と言う、手に持ったある種の書類らしきで感じた。
「営業中です、よそにお回りください」と店長。
新興宗教の勧誘なんです。
雨よ止んでくれ、お客さんだけ運んでおくれ。

2017/10/12(THU)
夢追い人でありたい
この辺りでは一日のうちで何回か聞かれる「ピーポー ピーポー・・・」
救急車が走るのは珍しくはない、気にしていたら仕事にならない。
さて本日11時前のころであった、「ハロウイン・ジャンボ」で忙しくしていた。
救急車の後、「ウー ウー・・・」今度はパトカーのサイレン、それも何台もが近くに集結。
救急車に工作車、パトカーは6台、鑑識者1台であった、駅前大通りの西側が騒がしい。
これは大ごとだ。
現場はこの売場から幅員50mの大通りを挟んで向かい側、あいにく植え込みで見通しがつかない。
かなり大きな事件が発生したか。
いっぺんに宝くじファンはいなくなった、事件が気になり現場へ行ったのか、ほんとうにガラガラだ。
救急車が動き出したのは20分後、サイレンを鳴らしていたので命はあるんだろうか。
刃物の事件なら物騒だが。
やがて事情通がやって来て、「ビルの屋上から飛び降りなんだって」と言う。
なんてこった、悩みがあったんだろうが、悲惨なことになってしまった。
7階の屋上からは、奇跡はおきないだろう。
やがて宝くじは戻ってきたが、気分の上ですっきりしないね。
それにしても、なにがあっても動じない、宝くじを買う時はシャキーンと集中したい。
当事者には悪いが、夢を失ってはいけないだろう、夢追い人でいたいもの。
・・・ 警察は自殺、他殺、事故か、2時間をかけて捜査していた、飛び降り場所は手すりがまったくない屋上。
以前はよく学生が悪戯で上がっていて危険を感じた、管理部門に電話をして対策を促していたんですが。

2017/10/11(WED)
「ハロウイン・ジャンボ宝くじ」販売開始
さあ今日は大安です、ハロウイン・ジャンボ宝くじの発売開始です。
売り場には開店前から180人の行列ができていた。
この項は、東京西銀座にある日本一の宝くじ売場の光景とネットにあった話。
この売場では開店から五分後に最初のお客さんがあった、ずいぶん違うなあ。
でも大人買いで百枚をお求めでしたよ。
長く慣れ親しんだ宝くじの愛称を、突然にちゃぶ台返し的に代えるなんて乱暴な、「オータムジャンボ宝くじ」は耳になじんでいた、
これを如何にハロウインの人気が高いとはいえ「ハロウイン・ジャンボ宝くじ」にするなんて。
と不安を感じての販売開始でありました。
天候はよし、大安と縁起も良し、これらの効果もあったのでしょうが、朝から盛況でした、中には「ハロウインをくれ」と名指しの方もあった。
今日のところは店長の心配は無用でありました。
本格的な「ハロウイン・ジャンボ宝くじ」の評判は、明日からしばらくは雨模様、この天候でも宝くじファンの出足がよければ、大好評といえるだろう。
「始め良ければ終わり良し」となりますように。

2017/10/10(TUE)
「ハロウイン・ジャンボ宝くじ」は明日から
天気予報はよく当たるもの。
「今日は半袖でもいいですよ」と気温上昇を伝えていた。
これを信じて本日も半袖です、午前中はちょうどいい、午後になると半袖でも汗ばんできた。
10月も1/3を過ぎたというのに、秋はどうなったんだ。
秋はオータム、オタームといえばオータムジャンボはどうなった。
暑さからジャンボ宝くじの話題を引き出すのはたいへんなんだから。^^!
さて今年は秋のジャンボ宝くじを「オータムジャンボ」から「ハロウイン・ジャンボ宝くじ」と名を替えた。
電話での問い合わせは多くないものの、間違えて今日来られた方も数人おられた。
テレビでのCMが始まったので混乱があったようですよ。
宝くじは季節感と一致するとよく売れる、では季節のイベントだとどうなるのか。
見通しがつきにくいことになりました。
若者にはウケるが、シニアにはどうなんだろう・・・
食品スーパーにはハロウインのお菓子やグッズが並んでいるから受けるかもしれん。
さあ、明日からが楽しみですよ。
「ハロウイン・ジャンボ宝くじ」でお会いしましょう。

2017/10/9(MON)
宝くじにめでたし、お神輿巡幸
福山市では、江戸時代より町の地域と隣接する村が二つの神社のテリトリーとなっておりました。
一つは広く町地域を氏子とする福山八幡宮
もう一つは一部の町と村を含む地域を氏子とする艮神社
この宝くじ売場は福山八幡宮のテリトリーです。
本日は吉例 各神社で例大祭がありまして、町中には縄をめぐらし、紙垂を取り付けて聖域を示す。
ここに各神社からご神体がお神輿に鎮座し町中を巡幸される。
本来氏子が活気と熱気を帯びて担ぐのが本来の姿、ですが余りに広くなり、車に載っての巡幸なのです。
いわば神さまのデリバリーサービスといえよう。
店長は双方の神さまの神輿と出会いました、縁起がいいぞ。
ささやかながらお初穂を納めておきました。
お神輿には世話人や鬼も帯同する、鬼は邪気を追い払ってくれるのだ。
氏子の代表である世話人からは「はじけ豆」をもらった。
これも縁起いいぞ。
こんな場合、縁起の一人占めはいけません。
わずかな方にですが、この「はじけ豆」を少しずつ、おすそ分け。
今日は何人かの方にいいことがあるに違いない。
ラッキーな豆になると信じています。

2017/10/7(SAT)
ロト7,一喜一憂は無用です
昨日のロト7抽せんでは一等の当せん者がなく、キャリーオーバーが続くことになりました。
その額は3.5億円ですから次回の抽せんでは挑戦の価値がありますよ。
次回の抽せんで一等賞を独り占めすれば6億円台ですから。
週末のみ来られる宝くじファン、このタイプを週末型と申しております。
その一人のロト7ファンが来られて、あきれたように言います。
「何しろ10口も買ったのに、一つもありませんでした・・・」
自分で数字を選んでロト7を買っているが、選んだ数字の一つも抽せん結果と一致しなかったのです。
これは珍しくはない現象で、心配はない。
好みのあるいは予想する数字は、得てして特定の数字に片寄るもので、偶然に一致しなかっただけのこと。
この男性は長いこと続けて同じ数字の組合せを買い続けている。
なぜか、5,6等が結構当たっていて、手応えがあるから。
昨日の抽せんではまったく一つも一致しなかったが、「裏」と言ってその逆も起こるから。
心配ないどころか、近いうちに「裏」がきて、大きな当たりが来るのでは。
一喜一憂しないで、じっくり大きな当たりを待っていただきたい。

2017/10/6(FRI)
日本語通の宝くじ
一週間がすぐに過ぎ去る、本当に速いわ。
特に週末金曜日がやってくる、「速いなあ・・・」
一週間でにぎわいをみせる最後の曜日金曜です。
残念ですが、強い雨の予報もあり、午前中はともかく雨の強くなった午後となりますと人けがなくなってしまった。
ロト7はおよそ1億円のキャリーオーバー中ですが、インパクトに足らず。
にぎわった先週のようなわけにはいかない、なんせ先週は7.6億円もありましたから。
さてそんな中、米国人のJさんがやってきた。
「ハロウ〜」だって、気の緩んでいた店長に緊張が走る。
「ハイ、Jさん」
なんだか急いでいますねえ、それにご機嫌な様子だ。
ロト6とロト7各一口を買ってそそくさと出て行った。
仕事が忙しいみたいですよ。
「ハバ ナイスデイ!」とか「ハバ ナイスウイークエンド」といつもの挨拶は、この雨では出にくい。
「行ってらっしゃい!」と言ってしまった、「イッケキマス」が返ってきた、さすが日本語通だ。
欧米での一人当たり宝くじの購入金額は日本人の2−3倍と聞いたが、この点でJさんは日本人並み以下だった。

2017/10/5(THU)
店長のお節介
外国人が宝くじを買う、今は福山でも国籍の違う外国人がたくさんいますから、当然でしょう。
近年では中国から始まりモンゴル、ネパール、フィリピン、ベトナム、ミャンマーと国籍は多彩。
彼らの買う枚数はほとんどが1枚か2枚、大きな賞金が当てるには時間がかかりそう、ついに諦めてしまう。
今はベトナム人とミャンマー人が ほとんど。
顔つきからするとミャンマーから来たような若者がスクラッチを一枚買った、ゴシゴシ削る、残念ですがハズレだった。
「オカネガホシイ」と店長に訴えるような声がする。
日本語が話せるではないか会話ができる、そこで「なぜお金が要る?」と問うてみた。
今は日本語学校に通っている、来年は専門学校に行きたい、授業料がいるんだそうな。
金額は63万円、アルバイトをしてお金を貯めているが追いつかないんだろう。
真面目そうな眼差しである、なんとかバイト料を貯めて次のステージに進んでほしい。
「宝くじなんかやめて、お金を貯めなさい!」と店長はお節介を言う。
宝くじは余裕があってのこと、目前に大切な目的があるのなら貯金が一番速いからねえ。
理解はできているようで、がっかりした様子だ。
ホテルの勉強をするのだそうだが、諸外国の企業が次々と進出しているミャンマー。
日本でサービス業の勉強をしたら、きっと母国で成功するだろう。
「宝くじなんかやめて、お金を貯めなさい!」なんですよね。

2017/10/4(WED)
かめはめ波deスクラッチ
本日から新しい宝くじが販売になりました。
新しいのは宝くじのキャラクターで、宝くじの種類はスクラッチ。
新しいキャラクターは「ドラゴン ボール」
スクラッチくじのキャラクターは平成24年春から鉄腕アトムをはじめとする手塚治虫シリーズになり、
平成26年1月からちびまる子ちゃんシリーズとなった、その後プロ野球パ・リーグ
人気の高いちびまる子ちゃんシリーズが復活して、昨年は「ワンピース」シリーズ
これはヒットし、今まで宝くじに関心のない若者を呼び寄せた。
最近では春から前回まで「ウルトラマン」シリーズでした、人気のキャラクターですが、スクラッチに表わされた絵柄が分かりにくいので、シニアには受けませんでしたねえ。
キャラクターは交代して今日から「ドラゴンボール」となりました。
店長などシニア世代にはよく分からん、むかし子供達を夏の子供映画大会に連れていったらやっていた、親は映画館でスヤスヤ寝てしまったし。
特に30−40歳代のみなさんに人気が出そうだ。
キャラクターの説明なんぞどうでもいい、とにかく
「カメハメ ハ〜!!」で当たればいいのだ。
このスクラッチの絵柄は分かりやすいので、若者もシニアにも買っていただきたい。
一等の賞金は50万円と小ぶりです、しかしこれは数万円、数千円の賞金本数が多いことを表します。
今日発売開始の第一弾は17日まで、その後第二弾、三弾と発売になります、お楽しみに。

2017/10/3(TUE)
宝くじの相性ロト7
「10億円出ましたね!、出ましたね!!」
店長「ええ、出ましたね!」
まるでこの売場から出たような勢いで感激しておられる、この男性はロト7ファンです。
次は男性のくじ券を調べる、むなしくはずれていた。
「こんどはがんばるから・・・」、さっそく週末金曜日抽せんのロト7をお求めだ。
ついでに言っておかねば、「ロト7は続いてキャリーオーバーしています、ですが1億円程度なので次の一等は最高3億円台と思って下さいね」
「いいですとも、それだけあれば十分だから」
ロト7に没頭気味にみえるこの男性です。
実は訳がある、ロト6もロト7もキャリーオーバーのない時でありました、200円単位で買えるし、比較の上で当たりやすいロト6を勧めたのです。
ところが、「ロト7でいいのです」と断定する。
話してくださった、ロト6を長く買っていたが4等5等が当たることもあった、でも稀なこと。
そこにロト7が始まった、挑戦してみると4等5等6等が当たる、けっこう頻度は高い。
手応えは断然ロト7にあるんだと。
以来ロトくじはロト7に限るとなった。
確率的には考えにくいが、相性という他ないなあ。
ことによれば、こんな男性に本格的な賞金が当たるかもしれないよ。

2017/10/2(MON)
秋の季節の宝くじ
週明けて活気のある月曜日になる、週明けは活気を楽しむのです。
そうはいかない、秋雨前線がしぶとく日本列島を通過する。
こりゃあだめだ、活気は期待できないぞとがっかりする。
いつも期待と現実にはギャップが生じるんですよねえ。
「秋のビッグチャンスくじ」がよく動きましてねえ、雨にもかかわらず来られるみなさんに感謝する。
特に今日がよく売れるって訳ではありませんが、こんなに出かけるのがおっくうにな日でも売行きは落ち込まない。
宝くじのネーミングのせいだろう。
数日前より、金木犀がそこはかとなく香ってくる、朝は冷えることもあり、暑さはすっかり影をひそめた。
雨さえ降らねばすっかり秋である。
それで「秋のビッグチャンスくじ」の名を聞き、ポスターの文字を読めば買いたくなるんだろう。
タイミングの良いネーミングは宝くじ心を呼び覚ます。
ではこんなのは、「キンモクセイ宝くじ」、「青空宝くじ」、これだともっと売れるかもしれん。
センスのない人はこの程度で、これでは宝くじは売れそうにない。
11日からは、「ハロウインジャンボ」が発売になる。
ハロウインの季節に合わせた秋のジャンボ宝くじ、宝くじファンを引きつけますように。



前月へ 次月へ